TOP > 試合結果個別

【KNOCK OUT】良太郎がヒザ蹴り地獄で渡部太基を下す

2022/07/23(土)UP

良太郎(左)がヒザ蹴りで渡部(右)を攻略した

株式会社 Def Fellow
『KNOCK OUT 2022 vol.4』
 2022年7月23日(土)東京・後楽園ホール

▼セミファイナル第8試合 KNOCK OUT-BLACKウェルター級 3分3R・延長1R
●渡部太基(TEPPEN GYM)
判定0-3 ※28-29×3
〇良太郎(池袋BLUE DOG GYM/team AKATSUKI)

良太郎は打ち合う場面もあったが、首相撲で活路を見出した

 KNOCK OUT-BLACKウェルター級は、渡部太基と良太郎の試合が組まれた。渡部は第4代Krushウェルター級王者で、しばらく練習からも遠ざかっていた時期があったが、KNOCK OUTのリングで復帰した経緯がある。会見で渡部は「復帰して2戦しましたが、まだ良かった頃の自分に戻っていない。次は倒しに行きたい」と語り、少しずつ調子は上向きだという。

 対する良太郎は元REBELS-REDライト級王者で、階級もルールも(REDはヒジ打ち有り、BLACKはなし)違うが、オファーを受けたという。その理由としては「渡部選手が相手だったからです。面白そうだと思いましたし、僕自身が燃えました」と明かした。

渡部はパンチ勝負に出たが、クリーンヒットはしなかった

 1R、サウスポーの渡部は左ミドルキックを何度もボディへ叩き込む。さらに左ハイキック、右フックと怒涛の攻め。良太郎は守りながらも左の蹴り、ヒザ蹴りで反撃。最後は渡部がコーナーへ詰めてパンチ連打で追い込んだ。

 2R、良太郎は首相撲で活路を見出す。渡部のパンチを耐えた良太郎は、首相撲からのヒザ蹴り連打。これで動きが止まった渡部。最後までヒザ蹴りで追い込んだ。

 3R、渡部は開始早々にパンチで勝負を仕掛ける。だが良太郎は、首相撲の展開へ持ち込む。左右のヒザ蹴りで渡部の体力を奪う良太郎。渡部のパンチがヒットする場面もあったが、ほぼ展開は良太郎のヒザ蹴り。判定も3-0で良太郎を支持した。良太郎は、「メインのお株を奪いますけど、判定で勝利しました。また応援をよろしくお願いします」と挨拶した。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・【KNOCK OUT】梅野源治、マッスルボディで計量パス!元自衛隊員・大谷翔司に「ヒジでザクザクに斬る」=7.23

・【KNOCK OUT】渡部太基、”天心vs武尊”後のキック界に「刺激が強いのをぶっ込む」良太郎「意地と意地がぶつかり合う試合に」

・【テレビ・配信】7.23『KNOCK OUT』梅野源治vs大谷翔司など、ゲスト解説にぱんちゃん璃奈=生中継・配信情報

・ぱんちゃん璃奈「一緒にお風呂に入っているような雰囲気を味わえます」1st写真集の見どころ語る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る
こんな記事も読まれています
●新着情報

TOP > 試合結果個別