TOP > 試合結果個別

【KNOCK OUT】新星TAKERUが格上の栗秋祥梧に判定勝利

2022/07/23(土)UP

TAKERUの上段前蹴りが栗秋(左)の顔面に決まる

株式会社 Def Fellow
『KNOCK OUT 2022 vol.4』
 2022年7月23日(土)東京・後楽園ホール

▼第6試合 KNOCK OUT-REDフェザー級 3分3R・延長1R
●栗秋祥梧(クロスポイント吉祥寺)
判定0-3 ※28-30×2、28-29
〇TAKERU(GET OVER)

 KNOCK OUT-REDフェザー級は、栗秋祥梧とTAKERUが激突する。TAKERUは、以前は大脇武の名前でリングに上がってきたが、改名しての参戦となる。TAKERUは「日本人で一番戦いたかった選手なので、嬉しかった。しっかりリングへ沈め、いつかベルトを獲ってKNOCK OUTのリングのど真ん中に立たせていただきます」とコメント。

栗秋の鋭い攻撃が見られたが、単発に終わった

 これに対して栗秋は、「戦った相手が違うので……」とテンションは低く、試合も見たことがなくトレーナーに対策は任せるという。どうやら、この怒りはTAKERUに向けられそうだ。

 1R、サウスポーのTAKERUは右に回りながら、右アッパー、左ストレートを打っていく。様子を見ていた栗秋はコーナー際で追い込むと、左右フックから飛びヒザ蹴り。これはTAKERUがディフェンスした。

 2R、栗秋は右ハイキックで会場を沸かせる。さらに縦ヒジで追い込む。TAKERUは回りながら、左ストレートを顔面に。これは栗秋がガード。するとTAKERUはボディへストレートを叩き込む。さらにヒザ蹴りで追い込むTAKERU。互角の展開となる。

栗秋を下したTAKERU(右)。中島会長(左)と二人三脚で新時代を築くか

 3R、栗秋は素早い蹴りを見せるが、いずれも単発。TAKERUは右に入って、右アッパー、左フックへつなげる。さらにヒザ蹴りを入れてリズムを作る。栗秋はプレッシャーをかけながら、打ってこいとアピール。TAKERUは前蹴りを突き刺す。バックヒジを攻撃する2人。好勝負となり、そのまま判定へ。勝ちを確信したのか、喜びを爆発させるTAKERUは、判定3-0で勝利。超新星となったTAKERUは、セコンドと抱き合って喜んだ。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・【KNOCK OUT】梅野源治、マッスルボディで計量パス!元自衛隊員・大谷翔司に「ヒジでザクザクに斬る」=7.23

・【KNOCK OUT】渡部太基、”天心vs武尊”後のキック界に「刺激が強いのをぶっ込む」良太郎「意地と意地がぶつかり合う試合に」

・【テレビ・配信】7.23『KNOCK OUT』梅野源治vs大谷翔司など、ゲスト解説にぱんちゃん璃奈=生中継・配信情報

・ぱんちゃん璃奈「一緒にお風呂に入っているような雰囲気を味わえます」1st写真集の見どころ語る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る
こんな記事も読まれています
●新着情報

TOP > 試合結果個別