TOP > 試合結果個別

【RIZIN】SB三階級王者・笠原弘希がRISE石月祐作からダウン奪い判定勝利

2022/07/31(日)UP

笠原が石月からダウンを奪った

RIZIN FIGHTING FEDERATION
『湘南美容クリニック presents RIZIN.37』
2022年7月31日(日)さいたまスーパーアリーナ

▼第2試合 RIZINキックボクシングルール 3分3R(63.0kg)
〇笠原弘希(シーザージム)
判定30 ※29-28、30-27、30₋26
石月祐作(SPORTS DOJO KAGAYAKI)

パンチを打ち合う笠原(左)と石月

 RIZINキックボクシングルールでシュートボクシング(SB)の3階級制覇王者・笠原弘希が石月祐作と対戦。

 笠原は第15代SB日本スーパーフェザー級&第4代SB日本フェザー級タイトルを持ち、今年4月のSB日本ライト級タイトルマッチで王者・西岡蓮太に勝利を収めた。前戦となる今年6月には、KNOCK OUT-BLACKライト級王者のバズーカ巧樹にヒジ攻撃でTKO勝利。連勝記録を8に伸ばした。

ヒザ蹴りを突き上げる石月

 対する石月は前に出る圧力と強打を武器に国内2冠を持つ実力者。昨年10月には、一馬とのRISEスーパーフェザー級王座決定戦に出場すると、得意のパンチで激戦を展開。無念のKO負けとなったが、絶大なインパクトを残した。

 1R、石月はジャブをついてワンツースリーで攻撃。笠原は左フック。石月は右ストレートをヒット。笠原は左フックを返す。左右のフックで追い込む笠原。ボディ、顔面とフックを当てていく。石月はこの攻撃を耐えると、右を返していった。笠原は右フックでダウンを奪う。立ち上がった石月に笠原はフックを連打したところで、ラウンド終了。

石月の顔面にパンチを当てる笠原

 2R、石月はストレート系の技で逆襲。笠原はヒザ蹴りも入れていくが、笠原はガードを固めてカウンターを狙う。鼻から出血する石月は攻めていくが、笠原は右フックの強打、さらに左ボディを返していく。手数は石月があるが、1Rのダウンのマイナスポイントが大きいか。

笠原が勝利

  3R、仕掛けていく石月。ストレート系のパンチに、フックをアクセントに入れてダウンを奪いに行く。笠原は左、右とフックを狙うが押されてしまう。笠原の左右フックは当たるが、石月も返す。2人はノーガードで打ち合う。ヒザ蹴りで攻撃し合う2人。さすがに飛ばし過ぎたか2人とも動きは遅くなるが、最後まで打ち合ったところで判定へ。3-0でダウンを奪った笠原が勝者となった。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・【RIZIN】7.31 前日計量 全員パス=女子スーパーアトム級WGPの伊澤星花・浜崎朱加・浅倉カンナ・RENAら

・『テレビ・配信』7.31「RIZIN.37」女子Sアトム級WGP、所英男vs神龍誠、三浦孝太などTV放送・ネット配信・生中継情報

・スダリオ剛が“ド迫力ボディ”でマッスルポーズ!覆面シュレックと睨み合いも

・ガリガリ所英男、アンダー300gで計量パス!神龍は57kgジャストでバキバキの肉体披露

・【RIZIN】伊澤星花「この階級のチャンピオンは私だと証明する」ラーラ「日本にまた戻ってきたい」=前日計量

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る
こんな記事も読まれています
●新着情報

TOP > 試合結果個別