TOP > 試合結果個別

【RIZIN】山本空良がケラモフに判定負けも、最後まで攻め続ける

2022/07/31(日)UP

ケラモフがパンチを打ちながら突っ込む

RIZIN FIGHTING FEDERATION
『湘南美容クリニック presents RIZIN.37』
2022年7月31日(日)さいたまスーパーアリーナ

▼第4試合 RIZIN MMAルール 5分3R(66.0kg)
〇ウガール・ケラモフ(アゼルバイジャン/ORION FIGHT CLUB)
判定30
●山本空良(パワーオブドリームジム)

下から三角絞めを狙う山本

 ケラモフは18年のライト級トーナメントを制したトフィック・ムサエフと同門。柔道、コンバットサンボなど様々なバックボーンを持ち20年2月にRIZINデビュー。昨年6月には当時の王者・斎藤裕と激突したが、惜しくもスプリットの判定で敗れ、今年4月に中島太一から一本勝ちを収めた。

 ケガで欠場の白川陸斗の代わりに急遽出場となった山本は、元UWFインターナショナルで活躍し、UFCやPRIDEにも参戦した山本喧一の次男。今年3月の中村大介戦で判定勝利、7月2日にはカイル・アグォンを判定で下した。

強烈なパウンドを落とすケラモフ

 1R、ケラモフは片足をとって四つの組み。抱え投げてテイクダウン。下から三角絞めを狙う山本。立ちの攻防となり、山本は蹴り。ケラモフは左右フックからハイキック。これは山本がバックステップでかわす。

 片足をキャッチしたケラモフは、そのままテイクダウンを奪う。山本は下からコントロールをしようとするが、ケラモフの圧力は強い。ガードの山本。ケラモフはコーナー際で固めるが、山本は十字を仕掛けつつ、潜り系の動きで体勢を入れ替えようとする。ケラモフは強烈なパウンドを落とした。

 2R、ケラモフはパンチを打ちながら突っ込む。これをかわす山本。ロングのオーバーフックを打つケラモフ。さらにパンチを打ちながら接近するが、山本はかわす。山本がダブルレッグに入るが、ケラモフは体重を落として切る。左、右フックで突進するケラモフ。山本が組むと、ケラモフは抱えて倒す。ガードの山本。ケラモフはパウンドを落としたいが、下からコントロールする山本。十字狙い、横三角絞めに連携する山本に対して、ケラモフはパウンドを狙う。

ケラモフが判定勝利

 3R、ケラモフは後ろ廻し蹴り。これは空振り。左フックで腰を落としそうになる山本は、バックヒジを出したためにポイントを外す。山本はバックに回るが、ケラモフは体勢を入れ替えて前を向く。バックブローの山本。ケラモフはプレッシャーをかけながら前へ。

 シングルレッグに入るケラモフに対して、山本は寝技に引き込む形。ガードの山本。ケラモフはヒジ打ちを落としにいく。十字狙いの山本は、足関節を狙いにいく。最後はヒールを取りにいくが、終了のゴング。判定となり、3-0でケラモフが勝利。打撃で顔面を腫らさせたケラモフだが、山本の健闘も光った。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・【RIZIN】7.31 前日計量 全員パス=女子スーパーアトム級WGPの伊澤星花・浜崎朱加・浅倉カンナ・RENAら

・『テレビ・配信』7.31「RIZIN.37」女子Sアトム級WGP、所英男vs神龍誠、三浦孝太などTV放送・ネット配信・生中継情報

・スダリオ剛が“ド迫力ボディ”でマッスルポーズ!覆面シュレックと睨み合いも

・ガリガリ所英男、アンダー300gで計量パス!神龍は57kgジャストでバキバキの肉体披露

・【RIZIN】伊澤星花「この階級のチャンピオンは私だと証明する」ラーラ「日本にまた戻ってきたい」=前日計量

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る
こんな記事も読まれています
●新着情報

TOP > 試合結果個別