TOP > 試合結果個別

【RIZIN】浜崎朱加、因縁のジェシカ・アギラーに勝利し準決勝進出

2022/07/31(日)UP

浜崎(右)が因縁の相手・元UFCのアギラーに勝利した

RIZIN FIGHTING FEDERATION
『RIZIN.37』
2022年7月31日(日)さいたまスーパーアリーナ

▼第14試合 RIZIN WORLD GRAND-PRIX 2022スーパーアトム級 トーナメント一回戦
RIZIN MMAトーナメントルール 5分3R(49.0kg)
〇浜崎朱加(AACC)
判定3-0 
●ジェシカ・アギラー(メキシコ/Pound4Pound & Brazilian Warriors)

パンチを打ち込む浜崎

 浜崎はRIZINスーパーアトム級の絶対的存在として王者に君臨したが、昨年大みそか、伊澤星花に敗戦。今年4月にタイトルを懸けたダイレクトリマッチでも敗れ、スーパーアトム級王座を失ったばかり。今回のトーナメントで捲土重来を狙う。

 対するアギラーは元UFCファイター。12年と13年には浜崎の師で、女子格闘技のレジェンド・藤井惠を2度判定で退けている。浜崎とも11年にJEWELSで試合が決まっていたが、東日本大震災の影響で流れた因縁もある。

ストレートを伸ばすジェシカ

 1R、浜崎は開始すぐにタックルを決めテイクダウン。しかしジェシカのハーフガードをパスできず立ち上がる。両者パンチの打ち合いから、浜崎はボディに前蹴りを打ち込んで効かせ、左右連打でジェシカにフィニッシュを迫る。倒れたジェシカだが、ガードを組んで浜崎を押さえる。

 浜崎は2Rもジェシカにタックルを決めテイクダウン。だがジェシカはここもガードで押さえ、蹴り上げを見舞ってくる。ジェシカは立ち上がり、逆に組んで浜崎にテイクダウンを迫る。浜崎は疲れが出たか手が出ず、タックルに出るもジェシカに切られてしまう。

上からパンチを打ち込む浜崎

 3R、左右ストレートを伸ばすジェシカだが、 浜崎がタックルでテイクダウン。そこからジェシカを抑えて立たせず、細かなパンチを打ち込む。マウントポジションに変わった浜崎は終了直前、ヒジとパンチを強打して試合終了とする。

 判定は3-0で浜崎が制し、涙を拭う仕草を見せた。

浜崎が勝利

 浜崎は「連敗が続いていて、その中でのジェシカ選手っていうので勝手にプレッシャーを感じて、勝ててホッとしています」と涙の訳を語り、「支えてくれた仲間たちには本当に感謝を伝えたいです。勝って泣くのが久しぶりですみません。準決勝でしっかり勝って決勝に進みたいと思います」と次戦への意気込みを口にした。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・[前日計量]浜崎朱加「明日は全力で暴れる」因縁の相手・アギラーは「最も残酷な試合になる」

・この大会の全試合結果(女子Sアトム級WGP、所英男vs神龍誠ほか)

・[本日の試合]RENA、流血も打撃戦で制し準決勝へ!ウクライナMMA世界女王を退ける

・[本日の試合]パク・シウが浅倉カンナを下し準決勝進出、全局面で優位に立つ

・『テレビ・配信』7.31「RIZIN.37」女子Sアトム級WGP、所英男vs神龍誠、三浦孝太などTV放送・ネット配信・生中継情報

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る
こんな記事も読まれています
●新着情報

TOP > 試合結果個別