TOP > 試合結果個別

【ボクシング】元世界王者・宮崎亮が初回TKO負け、長身ビリャルの連打に散る

2022/08/14(日)UP

強烈なパンチで攻めるビリャル(左)

亀田プロモーション
『3150FIGHT vol.3』
2022年8月14日(日)エディオンアリーナ大阪 第1競技場

今回、復帰3戦目となった宮崎

 8月14日(日)エディオンアリーナ大阪にて亀田プロモーション『3150FIGHT vol.3』が開催され、フライ級8回戦にて元WBA世界ミニマム級王者で現WBO世界ライトフライ級14位の宮崎亮 (33=KWORLD3)が復帰3戦目で、WBC世界ライトフライ級8位のアサエル・ビリャル(28=パナマ)と対戦し、1ラウンド2分43秒、TKOでビリャルが勝利した。

【フォト】この試合の写真、レフェリーストップの瞬間も(全6枚)

パンチで襲いかかるビリャル

 試合は開始早々リーチのあるジャブで攻めるビリャル。身長168cmだが、小柄な宮崎との身長差は13cmだ。そのジャブで徐々にコーナーに追い詰めだビリャルは右を放つと宮崎の顔面を捉え、続けてボディ連打。じっくり様子を見る宮崎だったが、ビリャルの右が側頭部にヒットすると、顔面とボディへ怒涛の連打。一度ブレイクとなるが、ビリャルの連打は止まらない。ビリャルの右アッパーで宮崎が大きく後退したところでレフェリーが試合を止めた。

ビリャルが勝利

 勝ったビリャルは「アウトボクシング、足を使って翻弄し、一気に攻める、自分自身のボクシングができた」と語った。勝ったビリャルは19勝(15KO)1敗3分に伸ばした。

▶︎次ページは【フォト】この試合の写真、レフェリーストップの瞬間も(全6枚)

※全試合結果はこちら

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・8.14 皇治vsヒロキング、石井慧、但馬ほか 全試合 結果 速報

・【テレビ・配信】8.14『3150FIGHT&ABEMAスペシャルマッチ』石井慧、皇治ら参戦=生中継・放送・配信情報

・”水ぶっかけ”乱闘寸前の皇治「誰かよう知らんが必ず倒す」ヒロキング戦へ意気込み

・プロボクシング初挑戦の石井慧「勝利をクロアチアに持ち帰る」ミルコのサポートも

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る
こんな記事も読まれています
●新着情報

TOP > 試合結果個別