TOP > 新着情報 > 試合結果個別

【ボクシング】石井慧がプロデビュー戦を勝利で飾る、圧力かけコーナーで連打

2022/08/14(日)UP

パンチを振るう石井

亀田プロモーション
『3150FIGHT vol.3』
2022年8月14日(日)エディオンアリーナ大阪 第1競技場

左のパンチで攻める高山

 8月14日(日)エディオンアリーナ大阪にて亀田プロモーション『3150FIGHT vol.3』が開催され、ヘビー級4回戦にて柔道北京五輪金の石井慧(35=クロアチア/チーム・クロコップ)が今回リングネーム「サトシ・イシイ」としてプロボクシングデビュー。対するはプロ1勝(1KO)の高山秀峰(29=スパイダー根本)。序盤からイシイが構わず前に出て攻め続け、イシイがプロデビュー戦を判定2-0で勝利した。

【フォト】石井が強烈な圧力をかけ攻める!試合写真6枚

パワフルなパンチを繰り出す石井

 MMAから昨年はK-1に参戦、3連勝中のイシイは試合開始早々、低く構え前に出る。そしてパワフルなフックで高山のバランスを崩す。高山は下がりながら連打で返すシーンもあったが、石井のペースで進む。後半、高山の左フックがヒットしややぐらつくイシイ。連打で畳みかけるもカードし、しのぐ。

 2R、高山がフック連打、石井も変わらず前に出て攻める。互いに一進一退の展開。イシイがコーナーに詰め連打するも全体的に高山の手数が上。

前に出て攻める石井

 3R、手数を上げるイシイ、ショートのフック、アッパーと連打しヒットを重ねる。始終高山をロープに詰め攻め続けるも、高山もコツコツパンチを返す。

 4R、石井は細かい被弾を許しても構わず前へ出てパンチを重ねる展開。コーナーに詰め連打をやめない。石井のショートフックで高山の動きが止まるシーンも。最後は互いに打ち合うも、判定2-0(38-38、39-37、40-36)でイシイが勝利した。

石井が判定勝利

 プロボクシングデビュー戦を勝利で飾った石井は「やはりスパーリングとは違う。相手も必死でくるので。デビュー戦ですけど全然ダメ。(圧力をかけコーナーで攻め続けたことについては)あれしかできない。詰めてプレッシャーをかける練習をしてきた。もっとパンチに強弱をつけられるようになりたい。今後もボクシングに挑戦していきたいと思ってます」と意気込みを語った。

▶︎次ページは【フォト】石井が強烈な圧力をかけ攻める!試合写真6枚

※全試合結果はこちら

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・8.14 皇治vsヒロキング、石井慧、但馬ほか 全試合 結果 速報

・【テレビ・配信】8.14『3150FIGHT&ABEMAスペシャルマッチ』石井慧、皇治ら参戦=生中継・放送・配信情報

・プロボクシング初挑戦の石井慧「勝利をクロアチアに持ち帰る」ミルコのサポートも

・[本日の試合]元世界王者・宮崎亮が初回TKO負け、長身ビリャルの連打に散る

・”水ぶっかけ”乱闘寸前の皇治「誰かよう知らんが必ず倒す」ヒロキング戦へ意気込み

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る
こんな記事も読まれています
●新着情報

TOP > 新着情報 > 試合結果個別