TOP > 新着情報 > 試合結果個別

【ボクシング】わずか69秒KO!但馬ミツロがわずか2戦で日本ヘビー級”最速”王者に

2022/08/14(日)UP

秒殺KO勝利で王座を獲得した但馬

亀田プロモーション
『3150FIGHT vol.3』
2022年8月14日(日)エディオンアリーナ大阪 第1競技場

手数を出すソンミン

 8月14日(日)エディオンアリーナ大阪にて、亀田プロモーション 『3150FIGHT vol.3』で[日本ヘビー級王座決定戦]が行われ、同級1位の但馬ブランドンミツロ(27=KWORLD3)が同級韓国王者のイ・ソンミン(31=韓国)に1ラウンド1分9秒、わずか69秒でTKO勝利。但馬がプロ戦績がわずか2戦目で国内最速の日本ヘビー級王者となった。

【フォト】但馬の左がヒット!レフェリーが試合を止める瞬間

 但馬は在日ブラジル人のプロボクサーでアマチュアボクシング時代は全日本選手権ライトヘビー級連覇など国体を含めアマ5冠達成。今年4月のプロデビュー戦で韓国ヘビー級3位のキム・サンホ相手に初回56秒レフェリーストップTKOで勝利を飾った。

但馬の左がヒット!

 試合は開始早々、ソンミンのパンチを但馬はしっかりガードしながら圧力をかける。手数を出すソンミンだったが、但馬はガードも手を出さない。開始50秒を過ぎた頃、但馬が強烈な左フックをヒットさせるとソンミンのアゴが上がる。そして上下パンチを打ち分け、右アッパーで再びアゴを上げると、右フックで相手が下を向き、続けて左フックが顔面にヒットしたところでレフェリーが試合を止めた。

王者となった但馬

 国内最短で日本王者となった但馬は「このベルトは始まりに過ぎない。これからまだまだ自分が戦う姿をたくさん見せていく中で、これがやっとスタートライン。これから”無理”と言われることもあると思うが、それに向かい戦う姿を見せて、みんなの頑張る材料になればいいと思う。みんなの人生を変えることはできないけれども、みんなと一緒に頑張ることはできると思う。だからこれからも応援よろしくお願いします」とメッセージを送った。

▶︎次ページは【フォト】但馬の左がヒット!レフェリーが試合を止める瞬間

※全試合結果はこちら

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・8.14 皇治vsヒロキング、石井慧、但馬ほか 全試合 結果 速報

・【テレビ・配信】8.14『3150FIGHT&ABEMAスペシャルマッチ』石井慧、皇治ら参戦=生中継・放送・配信情報

・”水ぶっかけ”乱闘寸前の皇治「誰かよう知らんが必ず倒す」ヒロキング戦へ意気込み

・[本日の試合]力石政法がアッパーで豪快KO防衛、相手は大の字でしばらく立てず

・[本日の試合]石井慧がプロデビュー戦を勝利で飾る、圧力かけコーナーで連打

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る
こんな記事も読まれています
●新着情報

TOP > 新着情報 > 試合結果個別