TOP > 試合結果個別

【DEEP】本田良介、元ストロー級王者にして元チームメートの越智晴雄に判定勝利(フライ級GP一回戦)

2022/08/21(日)UP

本田良介(右)が越智との接戦を制した

DEEP事務局
『DEEP 109 IMPACT』
2022年8月21日(日)東京・後楽園ホール

▼第9試合 宗明建設PresentsDEEPフライ級GP一回戦5分3R
〇本田良介(CAVE)
判定4-1
●越智晴雄(パラエストラ愛媛) 

本田が打撃で攻める

 本田は豊富なスタミナから積極的なタックルを繰り返し見せる選手で2017年の修斗フライ級新人王を獲得している。

 越智は元DEEPのストロー級王者。RIZINにも出場しパンクラス王者の砂辺光久を破っている。王座はタイトルマッチで破れ手放したが、フライ級でも栄冠を目指しGPに参戦する。2人はかつて練習をともにしており、元チームメート同士の対戦となる。

本田のハイキックに越智のカウンターパンチがヒット!

 1R、本田は開始からタックルに入り、上背で勝る越智に対し左ミドル・左ストレートと積極的に攻める。カットで出血の見られる越智を金網に押し込み動きを封じる。金網際から出ると、越智も左右フックを振るってタックルで押し込む。

 2Rも本田は積極的にタックルで攻める。越智はそこへカウンターのフロントチョークを狙うが、本田は極めさせない。本田はさらに越智を金網へ押し込む。越智はここから逃れ、右ストレートを当てフロントチョークも、本田はやはり対策十分か極めさせない。

越智は流血も攻め続ける激闘

 3R、タックルを決めテイクダウンする本田だが、越智はすぐ立ち上がる。だが、本田は体が離れるとすぐにまたタックルへ入り越智を押し込む。本田を引き剥がせない越智。しかし越智はここで飛びつきフロントチョークに深く入る。しかし本田に頭を引き抜かれる。

 判定は一者は29-28で越智、あとの4者は29-28の4-1で本田。スタミナを見せタフマッチを制した。 

 勝利した本田は「自分でいうのはなんですが実力には自信があります。なかなかチャンスがありませんでしたが、こうやってやると活躍できると思うので、このトーナメントで暴れます」と語りケージを後にした。

※【DEEP】8.21 全試合 結果 速報

●編集部オススメ

・【DEEP】8.21 全試合 結果 速報

・【DEEP】芦田崇宏、“足関十段”今成の極めを封じ判定勝ち

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る
こんな記事も読まれています
●新着情報

TOP > 試合結果個別