TOP > 試合結果個別

【DEEP】安谷屋智弘、立ちのアームロックから倒れて極める!元パンクラス王者・小川徹に初回一本勝ち(フライ級GP一回戦)

2022/08/21(日)UP

安谷屋はスタンドでアームロックの形を作り、倒れ込んで極めた

DEEP事務局
『DEEP 109 IMPACT』
2022年8月21日(日)東京・後楽園ホール

▼セミファイナル(第10試合)宗明建設PresentsDEEPフライ級GP一回戦5分3R
〇安谷屋智弘(氷ヲ刻メ/池田道場)
一本  1R  ※アームロック
●小川徹(TRIBE TOKYO M.M.A)

【フォト】安谷屋智弘、立ちのアームロックから倒れて極める!その瞬間

安谷屋(左)とパンクラス王者・小川(右)が相対した

 安谷屋はアウトサイダーでの連勝を経て、2014年からDEEPに参戦する沖縄のベテランファイター。

 小川は第6代フライ級キング・オブ・パンクラシスト。今年の3月にタイトルマッチで破れてタイトルを失い、今回のGPでDEEP初参戦となる。 

 1R、安谷屋がフックからタックルに出るが、小川は受け止め体を入れ替え安谷屋を金網に押し込む。安谷屋はアームロックの形を作り、自ら倒れ込んでグラウンドへ。

倒れてアームロックを極め、レフェリーがストップ!一本勝ちの瞬間

 そのままの形で小川の腕を極めに入るとレフェリーはストップ。納得いかない表情の小川だったが、安谷屋が勝者となった。 

 マイクを持った安谷屋は「小川選手、戦ってくれてありがとうございます。パンクラスの前チャンピオン? そんなの知らねぇ。ここはDEEPだ! 俺が優勝するからよく見とけよ!」と力強く叫んだ。

▶︎次のページは【フォト】安谷屋智弘、立ちのアームロックから倒れて極める!その瞬間

※【DEEP】8.21 全試合 結果 速報

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・【DEEP】8.21 全試合 結果 速報

・【本日のフライ級GP一回戦】本田良介、元ストロー級王者にして元チームメートの越智晴雄に判定勝利

・【本日の試合】芦田崇宏、“足関十段”今成の極めを封じ判定勝ち

・【RISE】原口健飛が延長負け、”世界最強”ペットパノムルンがRISE世界王者に!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る
こんな記事も読まれています
●新着情報

TOP > 試合結果個別