TOP > 試合結果個別

【パンクラス 】“ビルダー系女子”沙弥子が一本勝ち!3年ぶり復帰で勝利飾る

2022/09/11(日)UP

“ビルダー系女子”沙弥子が一本勝ち!3年ぶり復帰で勝利飾る

パンクラス実行委員会
『PANCRASE 329』

2022年9月11日(日)東京・立川ステージガーデン
▼第1試合 アトム級 5分3R
○沙弥子(リバーサルジム横浜グランドスラム)
一本 1R 3分22秒 ※アームロック
●原田よき(mma ranger gym)

【フォト】沙弥子が一本勝ち、喜びの”バキバキ腹筋”ガッツポーズ!

”沙弥子の右がヒット!

 沙弥子は柔道で10年のキャリアを誇り東京学生選手権で3位入賞の実績を持つ。フィットネスインストラクターとしての顔も持ち、ボディビルでも17年6月に『第25回 東京オープンボディビル選手権』において「ミスビギナー」カテゴリーで3位入賞などの実績を誇る。プロ戦績は6戦5勝1敗で、前戦は2019年11月『PANCRASE 310』で韓国のホン・イェリンに判定勝利、今回約3年ぶりのMMA参戦となる。

 対する原田は空手ベースで2017年全日本アマ修斗選手権で優勝。2019年には修斗で「インフィニティリーグ」にも参加した。プロ戦績は5戦1勝3敗1分、前戦は今年4月の修斗で、ササキモエに判定負けを喫した。

沙弥子のアームロックが極まる

 1R、序盤からパンチや蹴りを積極的に出す両者。ケージ際の攻防、沙弥子が柔道投げの払腰でテイクダウンに成功。
 サイドから原田を抑え込みながら、腕を狙う沙弥子。残り2分、捕らえた左腕をアームロックで絞り上げると、原田はタップアウトした。

 沙弥子が3年ぶりの復帰戦で鮮烈な一本勝ち。勝利者コメントで「これまで1番になったことがないので、このパンクラスでベルトを取って、持ち帰りたい」と、タイトル挑戦に意欲を見せた。

▶︎次のページは【フォト】沙弥子が一本勝ち、喜びの”バキバキ腹筋”ガッツポーズ!

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・沙弥子、ビキニで”元ボディビルダー”のマッスル!計量パスで3年ぶり復帰戦勝利なるか

・“ビルダー系女子”沙弥子がキレた腹筋で計量パス「目の前に来た相手を倒す」

・元ホステス激太りから一転”ビキニ”優勝、減量は「1日ご飯2合」糖質摂取

・小柄な筋肉グラマー女子、優勝の澤下美香は筋トレにキックボクシングも活かす

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る
こんな記事も読まれています
●新着情報

TOP > 試合結果個別