TOP > 試合結果個別

【パンクラス 】鶴屋怜、チョーク&パウンド連打でKO!王者・猿飛流にタイトル戦要求

2022/09/12(月)UP

KO勝利した鶴屋

パンクラス実行委員会
『PANCRASE 329』

2022年9月11日(日)東京・立川ステージガーデン

▼コーメイン 第10試合 フライ級  5分3R
●上田将竜(G-face TEAM緒方道場/1位)  
KO 1R 2分33秒  ※パウンド連打
○鶴屋怜(パラエストラ松戸/3位)

背後から攻める鶴屋

 鶴屋は名門『パラエストラ千葉ネットワーク』代表・鶴屋浩氏の息子で格闘エリート。昨年2月にDEEPでプロデビューし3戦連続フィニッシュ勝利。今年4月にパンクラスに参戦すると、当時同級3位だった秋葉太樹から一本勝ちを収めた超新星だ。

【フォト】鶴屋がチョークとパウンド連打の波状攻撃

 対するのは同級1位の上田。上田は昨年10月大会で同級暫定王座決定戦で小川徹に判定負け。今年4月の再起戦で有川直毅に判定で勝利を収めた。

チョークを狙ってはパウンド連打を繰り返す鶴屋

 1R開始すぐ、いきなり組みに行く鶴屋。上田を強引に抱え上げると、そのまま叩き落とす様にテイクダウン。すぐにバックテイクする。
 ピンチの上田がこの状況を冷静に対処しているかに見えたが、ここから鶴屋がチョークで首を狙いながらパウンド連打と波状攻撃。

 鶴屋のパンチの威力が増していき、防戦一方の上田から動きがなくなると、レフェリーが試合を止めた。

鶴屋が勝利

 圧倒的なワンサイドゲームで鶴屋が完勝。敗れた上田が呆然とした様子。鶴屋は勝利者マイクで、同級王者の猿飛流(さとる)をケージ内に呼び込むと「12月、僕とベルトを賭けて戦いましょう」とタイトル戦を要求。すると猿飛流も「お願いします」と、その挑戦を快諾した。

▶︎次ページは【フォト】鶴屋がチョークとパウンド連打の波状攻撃

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・【この大会の試合】“ビルダー系女子”沙弥子が一本勝ち!3年ぶり復帰で勝利飾る

・【この大会の試合】アキラが松本光史にKO勝利でライト級暫定王者に

・【この大会の試合】”最年少女王”KARANが完勝で6戦無敗に「次はしっかりKO一本決める」

・【パンクラス】松本光史vsアキラほか全11試合、全員計量パス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る
こんな記事も読まれています
●新着情報

TOP > 試合結果個別