TOP > 試合結果個別

【RIZIN】韓国強豪パク・シウ、浜崎朱加を撃破で決勝進出!

2022/09/25(日)UP

鬼気迫る顔でパンチを繰り出すパク

RIZIN FIGHTING FEDERATION
『RIZIN.38 』
2022年9月25日(日)さいたまスーパーアリーナ
▼第5試合 RIZIN WORLD GP2022 スーパーアトム級トーナメント 2回戦RIZIN MMAトーナメントルール:5分 3R(49.0kg)
●浜崎朱加(AACC)
判定0-3
〇パク・シウ(韓国/KRAZY BEE)

 浜崎はRIZINスーパーアトム級の絶対的存在として王者に君臨したが、伊澤星花に昨年大みそか敗戦。タイトルを懸けた今年4月のダイレクトリマッチでも敗れ、スーパーアトム級王座を失った。しかし7月のトーナメント一回戦で師の藤井恵を2度破っているジェシカ・アギラーを判定で降し復活を果たした。

【フォト】パクと浜崎の打撃戦!

ミドルキックを蹴るパク

 対するパクは、元RIZIN王者ハム・ソヒの妹分として知られ、現在は山本美憂と同じKRAZY BEEに所属。昨年大晦日のRIZINでRENAに判定勝利、トーナメント一回戦で浅倉カンナを降して2回戦に臨む。

 1R、浜崎のニータップテイクダウン、ストレートをパクはバックステップしてかわす。浜崎は2度目のニータップでテイクダウンを奪うが、パクは蹴りを放って立ち上がる。試合はスタンド打撃戦で進み、浜崎が右フック、パクがストレートを当てる。

 2R、パクは浜崎のタックルを切って押し返す。浜崎は再び連打からタックルに出るが、引き込んでグラウンドへ持ち込む。だがパクが立ってスタンドに戻り、右ストレート、右ミドルを打ち込む。パクは踏み込んで右ストレートをヒット。浜崎はニータップでテイクダウンを狙うが取れず、パクが右ストレート、右フックと当てて当てていく。

パンチで攻める浜崎

 3R、パクは疲労か足の止まってきた浜崎に右ストレートを当てダウンさせる。立ち上がった浜崎だがパクはさらに右フックをヒット。浜崎はカーフと前蹴りを放って追うが追い切れず、パクが右ミドル、左前蹴り、右ストレートと浜崎を近寄らせずに終了する。

 判定は3-0でパク。浜崎にテイクダウンと持ち味を発揮させず勝ち進み、「みなさん、こんにちは、パク・シウです。今日、試合勝ちました、よかったです。浜崎選手、本当にありがとうございます。以上です」と流ちょうな日本語でアピールした。

▶次ページは【フォト】パクと浜崎の打撃戦!

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・9.25『RIZIN.38』 全試合 結果 速報(堀口恭司vs金太郎、伊澤星花、浜崎朱加ほか)ライジン 試合結果

・9.25『超RIZIN』全試合 結果 速報(メイウェザーvs朝倉未来、皇治vsジジ、吉成名高、三浦孝太)ライジン 試合結果

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る
こんな記事も読まれています
●新着情報

TOP > 試合結果個別