TOP > 試合結果個別

【ONE】イランキック界の重鎮アジズプール、WGP決勝進出、元GLORYチャベスを判定で下す

2022/09/29(木)UP

イランキック界の重鎮アジズプール、バックハンドブローを放つ©️ONE

ONE Championship
『ONE 161』
2022年9月29日 (木)シンガポール・インドアスタジアム
▼第9試合 ヘビー級 キックボクシング 世界グランプリ 準決勝
〇イラジ・アジズプール(イラン)
判定3-0
●ブルーノ・チャベス(ブラジル)

 4人で争われるヘビー級のキックボクシング世界グランプリ。アジズプールはイランのキックボクシング界の重鎮と言われ67勝4敗、現ライトヘビー級王者のローマン・クリークリャを相手に1勝1敗の戦績を持つ。パワーを活かしたパンチやハイキックを得意とし、ONEでは2戦2勝。

 対するチャベスは24勝1敗。MMAファイターの父のもとに生まれ柔術も学んできたため、キックと並行してMMAにも参戦している。武器はフックとアッパー、そして198センチの長身から繰り出すヒザで、欧州キック団体GLORYにも参戦経験があり、ONEは今回が初参戦となる。

ハイキックを放つアジズプール©️ONE

 1R、チャベスは前蹴りやローなど蹴りを飛ばすが、アジズプールはそこに合わせてストレート。チャベスのローが金的となり一時中断、再開後、詰めていくのはアジズプール、アジズプールは前蹴りで距離を取りつつ右の一発を狙う。

 2R、思い切り右フックを振るアジズプール。チャベスの蹴りに合わせて何発も振るがかわされる。ガードを固めて距離を取り、ヒットを許さないチャベスだがこちらはあまり手が出ない。

WGP決勝進出を決めたアジズプール(左)©️ONE

 3R、大振りの右フックはアジズプール。さらにワンツーから前へ出て左ハイキック、バックブロー、バックキックも見せる。対するチャベスはアジズプールの右に右フックを返すがガードに徹することが多く手数が少ない。両者ともレフェリーにアクションを促されるが互いに大きなヒットはない中試合終了。

 判定は3-0で手数で上回ったアジズプールに軍配。ONE3戦全勝でグランプリ決勝へと駒を進めた。

 

●編集部オススメ

・9.29『ONE』全試合 結果 速報=ペットモラコットvsタワンチャイのムエタイ世界タイトル戦ほか

・【テレビ・配信】9.29『ONE』若松佑弥参戦、ペットモラコットvsタワンチャイ王座戦など生中継、放送、配信情報

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る
こんな記事も読まれています
●新着情報

TOP > 試合結果個別