TOP > 試合結果個別

【ONE】元K-1王者のグレゴリアン、オズカンを撃破し再起戦勝利!

2022/10/01(土)UP

グレゴリアンが再起戦勝利©️ONE

ONE Championship
『ONE Fight Night 2』
2022101日 (土・日本時間)シンガポール・インドアスタジアム

▼キックボクシング フェザー級
○マラット・グレゴリアン(アルメニア)
判定3-0 
●タイフン・オズカン(オランダ/トルコ)

ローを放つグレゴリアン©️ONE

 グレゴリアンは-70kgの世界トップの強豪。15年の初代K-1 WORLD GP -70kg制覇、17-18年のKunlun Fightの世界トーナメント優勝、19年にGLORYライト級王座と数々のタイトルを獲得。20年にONE参戦。昨年10月にアンディ・サワーをTKOで下し、今年3月にフェザー級キックボクシング王者スーパーボンのタイトルに挑戦するも判定で敗れた。今回が再起戦となる。

 対するオズカンは元エンフュージョンの72.5kgと70kgの世界王者。昨年10月にONEデビュー。初戦でムエタイ強豪シッティチャイにスプリットの判定で敗れるも、前戦となる今年2月にエンリコ・ケールに勝利した。

オズカンのアッパー©️ONE

 1R、近距離でガードを固め、ローと前蹴りを出し合う両者。グレゴリアンが左アッパーから左右のローキック。オズカンは右アッパーを返して右ロー。両者ともアッパーの交換。グレゴリアンが声を上げながら右ローを強打する。

 2R、オズカンが前蹴り、ボディ打ちからアッパーへ繋げる。グレゴリアンは左ボディフック。お互いにアッパー、ローを出し合う。右ストレート、アッパーのヒット数ではオズカンか。グレゴリアンも手数を落とさない。

勝利したグレゴリアン©️ONE

 3R、グレゴリアンは左右のフック、ボディからアッパーを放つ。オズカンもアッパーから飛びヒザ蹴り。グレゴリアンは右ロー、オズカンは左右のボディ打ち。グレゴリアンのガードの隙間からコツコツパンチをヒットさせるオズカン。グレゴリアンも下がらずフックやローの手数を出す。

 両者とも手を上げて、勝利をアピールした。ジャッジは手数を落とさなかったグレゴリアンを支持。グレゴリアンが判定で勝利した。

●編集部オススメ

・10.1『ONE』全試合 結果 速報=ジンナンvsアンジェラ、高橋遼伍ほか

・【テレビ・配信】10.1『ONE』高橋遼伍出場、ジンナンvsアンジェラなど生中継、放送、配信情報

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る
こんな記事も読まれています
●新着情報

TOP > 試合結果個別