TOP > 新着情報 > 試合結果個別

【ベラトール】フェザー級王者ピットブルが判定勝利で初V!長身ボリッチを貫禄の完封

2022/10/02(日)UP

ボリッチの飛びヒザ蹴りに左フックを合わせるピットブル@@SHOsportsより

Bellator MMA
『BELLATOR 286』
2022年10月2日(日・日本時間)アメリカ・カリフォルニア州 ロングビーチ The Long Beach Arena
▼フェザー級タイトルマッチ
〇パトリシオ・ピットブル(ブラジル/王者)
判定3-0 ※48-47、49-46、50-45
●アダム・ボリッチ(ハンガリー/挑戦者)
※ピットブルが初防衛に成功

 パトリシオはベラトール史上3番目となる2階級制覇王者(ライト級&フェザー級)。昨年7月のフェザー級WGP決勝で一本負けをし、AJマッキーに王座を奪われたが、今年4月にマッキーとのダイレクトリマッチに判定勝利し、王座を取り戻した。今回はその初防衛戦となる。

 対する挑戦者ボリッチはキャリア18勝1敗の実力者。20年1月にダリオン・コールドウェルに一本負けして以降、4連勝と波に乗っている。

 1R、身長で13㎝と大きく上回るボリッチは遠間から長いジャブを突く。ピットブルはローキックを飛ばしつつ距離が詰まるとワンツー。ボリッチは飛びヒザに来るがピットブルはこれに左フックを合わせる。組みに来るボリッチはもろ差しを取ってテイクダウンに行くがピットブルはフィジカルの強さを見せ逆に投げてテイクダウンを奪う。

 2R、ピットブルはじわじわプレッシャーをかけ、ボリッチが前に出てきたところへカウンターを放つ。パンチの展開が続く中、ボリッチのローをキャッチしてピットブルがテイクダウンに成功。コツコツとパウンドを当てる。

 3R、ボリッチの飛びヒザをキャッチしてピットブルがテイクダウン、すぐにマウントポジションを奪取する。ピットブルはしっかりポジションをキープしつつ細かくパウンド、ヒジをいれる。

 4R、ピットブルの引っかけるようなカーフキックでボリッチがバランスを崩す。インローを飛ばしつつワンツーで飛び込むボリッチだがピットブルはすかさず右のカウンターを返す。

 5R、逆転を狙ってプレッシャーを強めるボリッチはジャブを起点にストレート、フックのコンビネーションで攻め込むが、飛びヒザのタイミングでピットブルにテイクダウンを合わされ、逃げようとしたところでバックを許す。おぶさった状態でバックキープのピットブル、スタンドバックに変化するがボリッチは向き直ると四つからテイクダウンに成功。しかしピットブルはスイープから立つと最後はアームロックを仕掛けて試合終了。

 判定は3-0でピットブル。終始冷静な試合運びで、王者の貫禄を見せてピットブルが初防衛に成功した。

▶︎次ページは【動画】ピットブルが相手の飛びヒザ蹴りにカウンターの左フック!

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・10.2『BELLATOR』ピットブルvsボリッチ、マッキーvsカーライルなど試合結果速報

・【テレビ・配信】10.2『BELLATOR 286』パトリシオ・ピットブル初防衛戦、ゲスト解説に堀口恭司=生中継、放送、配信情報

・【ベラトール】パトリシオが初防衛に向けてマッスルポーズ!長身ボリッチとは15cm差=前日計量

・無敗の”モデル”美女ファイター、破壊力あるミット打ちでプロ男性が悶絶!「将来のチャンピオン」と称賛の声

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る
こんな記事も読まれています
●新着情報

TOP > 新着情報 > 試合結果個別