TOP > 試合結果個別

【DEEP】川名TENCHO雄生、連敗脱出の復活KO勝利!高橋をパンチ連打で沈める

2022/11/12(土)UP

川名はパウンドでダメージを与えた

DEEP事務局
『skyticket Presents DEEP 110 IMPACT』
2022年11月12日(土)東京・後楽園ホール

▼第4試合 DEEPライト級 5分3R
〇川名TENCHO雄生(北海しゃぶしゃぶ/Y&K MMA ACADEMY)
KO 1R1分4秒 ※パンチ連打
●高橋“Bancho”良明(パラエストラ八王子)

川名の強烈な右がヒット

 川名は20年に修斗世界ライト級王者に就くとRIZIN参戦。しかし武田光司、矢地祐介に連敗し、21年9月の修斗では西川大和にTKO負けで王座陥落した。今年2月に新天地DEEPへ参戦するも、石塚雄馬にTKO負けと4連敗中だ。

【フォト】川名がパウンド、連打でTKO勝利する瞬間

 対する高橋は07年にデビューのベテラン。キャリア初期にはケージフォースやパンクラスで5連勝するも、その後5連敗。近年はブランクを空けながらもパンクラスのハワイ大会などで外国勢に3連勝していたが、昨年10月のパンクラスで平信一にKO負けしている。

連打を浴びせる川名

 1R、川名が強烈な右のカウンターをクリーンヒットさせると、高橋がダウン。川名が上からパウンドを連打しダメージを与えるも、ふらふらになりながら立った高橋。すると、川名がトドメとばかりに、立て続けにフック、アッパーと連打を浴びせ、圧巻のTKO勝ちを飾った。

 川名はマイクを持つと「4連敗していて、やっと1勝掴みました。選手は負けて辛い思いをして挑むんですけど、やっぱりこのつかみ取った1勝を噛みしめて、次に進みたいと思います」と涙ながらに語った。

※全試合結果はこちら

▶︎次ページは【フォト】川名がパウンド、連打でTKO勝利する瞬間

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・【DEEP】11.12 全試合 結果 速報(COROvs石司晃一、酒井リョウvs赤沢幸典、大島沙緒里vs古瀬美月、北岡悟ほか)

・【DEEP】二冠王・大島沙緒里が初防衛戦へ計量パス、古瀬美月「チャンピオンの一歩手前まで来た」

・【DEEP】伊澤星花の婚約者COROが初防衛戦に気合い、バキバキボディで計量パスの石司晃一「明確な差をつけて勝つ」

・【DEEP】“CORO後輩”KENTA、バックコントロールの攻めで朝比奈龍希に完勝!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る
こんな記事も読まれています
●新着情報

TOP > 試合結果個別