TOP > 新着情報 > 試合結果個別

【ONE】“破壊神”ロッタンが圧勝でV4達成!ストロー級王者ラシリから2度のダウン奪う

2022/11/19(土)UP

破壊神ロッタンがV4達成!©️ONE

ONE Championship
『ONE FIGHT NIGHT 4』
11月19日 (土)シンガポール インドア・スタジアム
▼フライ級 ムエタイ 世界タイトルマッチ
〇ロッタン・ジットムアンノン(タイ)
判定3-0
●ジョセフ・ラシリ(イタリア / モロッコ)
※ロッタンが4度目の防衛に成功

 ロッタンは破壊力抜群のパンチと決して後ろへ下がらない超攻撃的なファイトで“破壊神”の異名を持ち、これまでに3度の防衛に成功。今年5月に実施されたフライ級ムエタイWGP初戦では、英国ムエタイ王者ジェイコブ・スミスをヒジとパンチで大流血に追い込み勝利。優勝候補として大きな期待が寄せられたが、8月の準決勝での計量で尿サンプル未提出のため欠場した。

 対するラシリはWBCムエタイ世界王座を持つ欧州強豪。ONEでは秋元皓貴、品川朝陽という日本の強豪二人を撃破し、今年5月のストロー級ムエタイ世界タイトル戦で王者のプラジャンチャイ・PK・センチャイに挑戦。下馬評不利の予想を覆し、TKO勝利で新王者となった。今回は2階級制覇を懸け、1階級上のフライ級王座への挑戦となる。

 1R、サウスポーに構えたロッタン、右インローを飛ばしていく。ロッタンはオーソドックスにスイッチし、じりじり圧をかけると強烈なボディからパンチのコンビネーション。飛びヒザ、バックスピンキックも出すラシリだが、ロッタンは動じずにゆったり前へ出るとロー、ストレートを飛ばす。

 2R、ケージ中央を取るのはロッタン。強いローからワンツースリーまでパンチをまとめる。ラシリは横へ動いてロッタンの圧をかわそうとするがロッタンは追って左ボディ、右ローを叩き込む。ジャブを突き、遠い距離から攻めようとするラシリだがロッタンに詰められて下がる場面が多い。

 3R、すぐに詰めるロッタンは左ボディ、左ミドル。ラシリは下がりつつバックキック、バックブローに飛びヒザなど奇襲を見せるがロッタンはしっかりとガード。下がるラシリに“前に来い”とジェスチャーのロッタンは追って行って左右のストレート。

 4R、速いステップのラシリは右ストレート、ヒザで攻めるがロッタンの圧に下がり気味。ロッタンは左フック、左ボディでケージに詰めるとヒジも見舞う。ほぼガードもせず、ラシリのパンチをもらっても気にせず前へ出るロッタン。するとロッタンの左ボディが入りラシリが下がる、ロッタンはさらに詰めてラッシュすると、左フックでダウンを奪取する。

 5R、このラウンドも詰めるロッタン、下がるラシリという展開。ラシリはバックブローを放つが、ロッタンは逆に来い来いとジェスチャー。地面に手を付いてのハイキックなども見せるロッタン、さらに強烈なワンツーを放つとこれがヒットしラシリが2度目のダウン。カウントの最中には余裕の踊りも見せる。飛び込んでのフックで追撃していくロッタン。最後まで主導権を握って試合を終えた。

▶︎次ページは【フォト&動画】ロッタン、強烈ヒジで相手が吹っ飛ぶ!激闘シーンも

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・11.19『ONE FIGHT NIGHT 4』全試合 結果 速報

・11.19『ONE 163』全試合 結果 速報

・【テレビ・配信】11.19『ONE 163』生中継・放送・配信情報

・【ONE】“破壊神”ロッタン、強靭マッスルポーズで計量パス!V4成功なるか=11.19

・【ONE】女子・平田樹が体重オーバーで試合中止、相手のハム・ソヒが怒り「恥を知って欲しい」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る
こんな記事も読まれています
●新着情報

TOP > 新着情報 > 試合結果個別