TOP > 試合結果個別

【ONE】ローマン・クリークリャが逆転KO勝利でヘビー級WGP制覇!

2022/11/20(日)UP

クリークリャがヘビー級WGP制覇!©️ONE

ONE Championship
『ONE 163』
2022年11月19日 (土)シンガポール インドア・スタジアム
▼ヘビー級 キックボクシングWGP決勝
〇ローマン・クリークリャ(ウクライナ)
TKO 2R1分28秒 ※パンチ連打
●イラジ・アジズプール(イラン)
※クリークリャがWGP制覇

強烈なパンチを被弾するクリークリャ©️ONE

 ウクライナ出身のライトヘビー級王者・クリークリャは48勝7敗で現在12連勝と無敵の強さを誇るグランプリの優勝候補。頭脳的なスタイルと、ONE全試合の中で1分当たりの打撃数が最多といった運動量の多さ、2メートルの長身から繰り出すしなりのある打撃で2019年にONEライトヘビー級王座を獲得。以来2度の防衛を果たし、今回は1階級上のグランプリに参戦している。

 対するアジズプールはイラン・キックボクシング界の重鎮と言われ68勝4敗。今回の対戦相手クリークリャとは1勝1敗の戦績を持つ。パワーを活かしたパンチやハイキックを得意とし、ONEでは3戦3勝。

飛びヒザ蹴りを当てるクリークリャ©️ONE

 1R、上背でまさるクリークリャはミドル、ジャブを飛ばしていくが、アジズプールは臆さず右フック、左ハイ、ボディフック、バックブローと攻めていく。そしてクリークリャのジャブに右フックをかぶせダウンを奪取する。

 2R、左ハイのアジズプールにクリークリャは右ストレート、右ボディストレートで反撃。腹が効き下がったアジズプールにクリークリャは顔面ヒザを直撃。そして首相撲からのヒザで追撃し、左フックをフォローしてダウンを奪い返す。

勝利したクリークリャ©️ONE

 立ち上がったアジズプールだがダメージは色濃く、クリークリャが左フック、右ストレートで襲いフィニッシュした。

 これでライトヘビー級のベルトに続きヘビー級世界グランプリのベルトも手にしたクリークリャは「キャリアで最もタフな相手」とアジズプールを称え、特別ボーナス5万ドルも送られることとなり喜んだ。

●編集部オススメ

・11.19『ONE 163』全試合 結果 速報=秋元皓貴、青木真也、岡見勇信、若松佑弥、品川朝陽ら参戦

・【テレビ・配信】11.19『ONE 163』生中継・放送・配信情報(秋元皓貴、青木真也、岡見勇信、若松佑弥、品川朝陽ら参戦)

・【ONE】女子・平田樹が体重オーバーで試合中止、相手のハム・ソヒが怒り「恥を知って欲しい」

・【ONE】“破壊神”ロッタンが圧勝でV4達成!ストロー級王者ラシリから2度のダウン奪う

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る
こんな記事も読まれています
●新着情報

TOP > 試合結果個別