TOP > 新着情報 > 試合結果個別

【ONE】秋元皓貴が悔しい初防衛失敗、ペッタノンの老獪テクニックに苦しむ

2022/11/20(日)UP

左ミドルを被弾する秋元©️ONE

ONE Championship
『ONE 163』
2022年11月19日 (土)シンガポール インドア・スタジアム
▼ONEバンタム級キックボクシング世界タイトルマッチ3分5R
●秋元皓貴(日本)
判定1-2
〇ペッタノン・ペットファーガス(タイ)
※ペッタノンが新王者に

 秋元はJFKO第4回全日本優勝やWBCムエタイ日本フェザー級王者など、数々の実績を持つ天才ファイター。19年1月からONEに参戦し、今年3月にルンピニー戴冠経験も持つ王者カピタン・ペッティンディーに挑戦すると、空手仕込みのローキックを効かせ、完勝と言ってよい内容で王者となった。

 対するペッタノンは357勝56敗1分のキャリアを持つベテランで、18年には中国最大規模の格闘技団体『武林風』にて-67kgの32人トーナメントで優勝。翌年の同トーナメントでも準優勝した強豪だ。ONEには20年9月に参戦するも、カピタンに衝撃の6秒KO負けを喫する。しかし昨年9月には秋元とも2度戦ったジャン・チェンロンに勝利し再起した。

 1R、サウスポーで構えたペッタノンに秋元は右ミドル・右ローと入れる。ペッタノンは秋元のミドルをカットしてヒザを飛ばす。秋元は歩を進めてプレッシャーを掛け、右ミドルを続けていく。

 2R、ペッタノンはヒザをボディと顔に打ち分ける。さらにサウスポーからの左ミドル。秋元は前に出て右ストレートを伸ばすが、ペッタノンはヒザをカウンターし、左ストレートでも狙う。しかし秋元が圧力を与えて終了。

 3Rも秋元は前進してプレッシャーを与える。だがペッタノンも顔とボディへのヒザ、左ミドルを継続。秋元の圧を横に回ってかわし、前蹴りで突き放す。秋元が近づくとヒザ、距離ができるとペッタノンは前蹴りを入れる。

 4R、ペッタノンはヒザと左ミドル。秋元は右ミドルと右パンチで切り込むが、ペッタノンは有効打に至らせない。秋元は前蹴り、右インローと組み立てを変える。だがペッタノンは左ミドルを変わらず当てる。

 5R、秋元は距離を詰めてパンチに力を込めるが、ペッタノンはフットワークで距離を作り前蹴りと左ミドル。パンチから右ハイキックを飛ばす秋元だがとらえられない。ペッタノンはヒザで攻め、フットワークして秋元の攻撃を空転させる。

 判定は1-1で割れた後、最後の1者はペッタノンを支持。新王者となった。

 判定勝利に確信のあったペッタノンはスプリットの判定に「驚いた」と語ったが、スーパーボン、ノンオー、ロッタンといったメンバーと2ヵ月に渡り積んだ特訓で王者になれたと話し、ムエタイが一番だと戴冠に胸を張った。

▶︎次ページは【フォト】秋元とペッタノンの激闘シーン

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・11.19『ONE 163』全試合 結果 速報=秋元皓貴、青木真也、岡見勇信、若松佑弥、品川朝陽ら参戦

・【テレビ・配信】11.19『ONE 163』生中継・放送・配信情報(秋元皓貴、青木真也、岡見勇信、若松佑弥、品川朝陽ら参戦)

・【ONE】女子・平田樹が体重オーバーで試合中止、相手のハム・ソヒが怒り「恥を知って欲しい」

・【ONE】“破壊神”ロッタンが圧勝でV4達成!ストロー級王者ラシリから2度のダウン奪う

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る
こんな記事も読まれています
●新着情報

TOP > 新着情報 > 試合結果個別