TOP > 試合結果個別

【K-1】軍司泰斗、“中国の武尊”ワンとの激闘を制し判定勝利!

2022/12/03(土)UP

軍司がパンチで攻める

K-1実行委員会
『K-1 WORLD GP 2022 JAPAN~初代バンタム級王座決定トーナメント~』
2022年12月3日(土)エディオンアリーナ大阪

▼第21試合 スーパーファイト/K-1フェザー級/3分3R・延長1R
〇軍司泰斗(日本/K-1ジム総本部チームペガサス)
判定2-0 ※30-29×2、29-29
●ワン・ジュングァン(中国/天津阿福ファイトクラブ/CFP)

パンチを打ち込むワン

 軍司は昨年12月に第5代K-1 WORLD GPフェザー級王座を戴冠。今年8月のフェザー級世界最強決定トーナメントも制し、最強を証明した。

 対するワンは“中国の武尊”とも呼ばれるファイトスタイルで、19年にはEnfusion-57kg級世界王者となり、その後ONEでもストロー級(56.7kg以下)王座に挑戦している。本家・武尊とも17年9月に激闘を繰り広げ(ワンの判定負け)、今年8月のフェザー級トーナメントでは3位となるも、存在感を発揮した。

ワンのボディを攻める軍司

 1R、オーソドックスの両者は近距離で打ち合いを見せる。軍司が左右フックを回転させるが、ワンは合間に右ショートストレート、左フックを返す。軍司は手数で上回り、パンチからヒザを繋げる。

 2R、軍司は左フックの上下打ちからロー、ヒザとスピーディーなラッシュを見せる。だがワンは屈せず打ち返す。軍司はさらに右ストレート、左フックと攻め、左フックでワンは腰を落とすが、ワンはやはり倒れない。

パンチを浴びせる軍司だが、ワンは倒れない

 3R、軍司の右ストレートを浴びてもワンは左フックを返し、接近戦でヒザを幾度も浴びせて軍司を削る。押し倒される場面が多くなる軍司。疲れの見える軍司にワンは左フックと右ストレートを当てて反撃する。

 判定は30-29、29-29、30-29の2-0で軍司。ワンが追い上げたが至らせずに勝利した。

軍司が判定勝利

 軍司はマイクを持つと「時代を変えるって言っていたんですけど、まだK-1の頭にはなれないなって実感したので、もっと練習して、3月のK’FESTAで強い外国人と防衛戦お願いします。今日はありがとうございました」と反省の弁を述べつつファンに感謝した。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・『K-1』12.3 全試合 結果 速報

・玖村将史が欧州強豪を三日月蹴りで悶絶KO!タイトル挑戦をアピール

・カリミアンが後頭部に危険パンチを被弾し倒れる、続行不可能で反則勝ちに

・金子晃大、ムエタイ強豪に左フックで豪快KO勝利!最強を目指しコンペット戦を要求

・【K-1】ゆうちゃみが姉妹でラウンドガールに決定「超可愛いギャル衣装で盛り上げる」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る
こんな記事も読まれています
●新着情報

TOP > 試合結果個別