TOP > 試合結果個別

【K-1】サッタリが衝撃のKO負け!新世代ラテスクの豪打に沈み無敗記録がストップ

2022/12/03(土)UP

豪打を爆発させるラテスク(右)

K-1実行委員会
『K-1 WORLD GP 2022 JAPAN~初代バンタム級王座決定トーナメント~』
2022年12月3日(土)エディオンアリーナ大阪
16試合 K-1クルーザー級/33R・延長1R
●マハムード・サッタリ(イラン/TEAM ŌTA/ICF
KO 2R 1分38秒 ※左フック
○ステファン・ラテスク(ルーマニア/SCORPIONS IASI

ラテスクのパンチがヒット

 サッタリは、プロ20戦20勝(12KO)と無敗の戦績を誇る。21年にはKrushクルーザー級(₋90kg)のベルトを巻き、今年4月には、K-1無差別級トーナメントでも優勝。6月の『THE MATCH 2022』では、HOOST CUP日本ヘビー級王者・内田雄大に圧倒KO勝利した。K-1グループに参戦して以降の9戦は、1戦を除いて全てKO勝利している。

【動画】サッタリがKO負けする衝撃の瞬間!ラテスクの豪打が爆発

 対するラテスクは、ヨーロッパで注目を集めている20歳の新世代“イケメン”ファイター。ジュニア時代にISKA世界クルーザー王座に就き、プロのリングでも東欧を中心に試合を重ねKOを連発している。

サッタリがまさかのダウン

 1R、サッタリは左ボディストレートで牽制し、右ロ―キック。距離を詰めて左フックのラテスク。このパンチをかわしたサッタリは、右ハイキックで攻撃。さらにサッタリは右、左のパンチを放つ。強烈な左ボディを入れるラテスク。慎重に戦うサッタリの印象が残った。

 2R、サッタリは左右のミドルキックで攻撃。ラテスクの鋭い左フックをかわすサッタリ。しかし、ラテスクの左フックを貰ったサッタリが後退。そして左フックでダウンするサッタリ。

KO勝利したラテスク

 立ち上がったサッタリに、再びラテスクの左フックが炸裂。すぐにレフェリーが試合をストップした。サッタリの無敗記録は、20でストップ。ゴールデンボーイと呼ばれるラテスクが、シンデレラボーイとなった。

 ラテスクは「応援ありがとうございました!」と挨拶してリングを下りた。

▶︎次ページは【動画】サッタリがKO負けする衝撃の瞬間!ラテスクの豪打が爆発

※全試合結果はこちら

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・『K-1』12.3 全試合 結果 速報

・無敗サッタリが計量パス、相手は高身長+広背筋マッスルで威圧!剛腕対決へ

・【K-1】AKIRA、加藤久輝とダウンの応酬で逆転TKO勝利「サッタリのところまでいく」

・【K-1】ムエタイ伝説ジョムトーン、圧巻の2戦連続KO勝利!次戦でのタイトル挑戦を要求

・【K-1】ゆうちゃみが姉妹でラウンドガールに決定「超可愛いギャル衣装で盛り上げる」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る
こんな記事も読まれています
●新着情報

TOP > 試合結果個別