TOP > 試合結果個別

【K-1】カリミアンが後頭部に危険パンチ被弾し倒れる、続行不可能で反則勝ちに

2022/12/03(土)UP

後頭部のダメージで倒れ込むカリミアン

K-1実行委員会
『K-1 WORLD GP 2022 JAPAN~初代バンタム級王座決定トーナメント~』
2022年12月3日(土)エディオンアリーナ大阪
▼第20試合 スーパーファイト/K-1ヘビー級/3分3R・延長1R
〇シナ・カリミアン(イラン/SINA ARMY)
反則 2R途中 ※ブレイク後、ブディオが後頭部へのパンチ攻撃
●カルロス・ブディオ(ブラジル/ブラジリアンタイ)

ハイキックを蹴るカリミアン

 カリミアンは、18年に初代K-1クルーザー級王座決定トーナメントで優勝し、K-1WORLD GPクルーザー級王座を戴冠。20年にK-JeeにKO負けして王座を失ったが、昨年3月にK-Jeeにリベンジし王者に返り咲いた。 今年6月の『THE MATCH』では山下力也に判定勝利、9月には『K-1』にて実方宏介とK-1スーパー・ヘビー級で戦いKO勝利している。

 対するカルロス・ブディオは、ダニロ・ザノリニが主宰するFIGHT DRAGONブラジル大会で王者となり、19年には韓国で行われたKTK WORLDヘビー級タイトルマッチで勝利した。

カリミアンがスタンディングダウン

 1R、カリミアンはリング中央に陣取り、プレスをかけながら右ロ―キックをヒット。ブディオは接近して右のパンチで一気に攻めていく。カリミアンが飛び前蹴りを仕掛けるが、逆にブディオの前蹴りがカリミアンのアゴに直撃。ブディオがローキックをヒットさせると痛がるカリミアン。ブディオの右がアゴに入り、カリミアンがスタンディングダウン。ブディオがカリミアンを圧倒する。

パンチを振るうブディオ

 2R、息を吹き返したカリミアンは右ローキックなどで積極的に攻めるが、ブレイク後の追撃で警告を受ける。

 その後、カリミアンが左ハイキックを放つと、空振りしロープに足がかかった状態。レフェリーがストップをかけ割って入るが、ブディオのパンチがカリミアンの後頭部へ直撃。そのまま前のめりに倒れるカリミアン。ダメージが大きかったこともあり、レフェリーが試合をストップ。カリミアンの反則勝ちとなった。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・『K-1』12.3 全試合 結果 速報

・【K-1】王者・カリミアンとカルロスがド迫力ボディで計量パス、身長差20cm=ヘビー級マッチ

・【K-1】サッタリが衝撃のKO負け!新世代ラテスクの豪打に沈み無敗記録がストップ

・【K-1】 AKIRA、加藤久輝とダウンの応酬で逆転TKO勝利「サッタリのところまでいく」

・【K-1】ゆうちゃみが姉妹でラウンドガールに決定「超可愛いギャル衣装で盛り上げる」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る
こんな記事も読まれています
●新着情報

TOP > 試合結果個別