TOP > 試合結果個別

【KNOCK OUT】不可思がバズーカ巧樹を粉砕KO!”新旧ノックアウト王者対決”を制す

フォロー
2023/03/05(日)UP

強打で攻める不可思(右)

株式会社 Def Fellow
『KNOCK OUT 2023 SUPER BOUT “BLAZE”』
2023年3月5日(日)東京・国立代々木競技場第二体育館
▼第9試合 KNOCK OUT-RED -64.5kg契約 3分3R・延長1R
○不可思(クロスポイント吉祥寺)
KO  3R2分11秒 ※3ノックアウト
●バズーカ巧樹(菅原道場)

バズーカがミドルキックを繰り出す

 不可思は現在はK-1で活躍し、KNOCK OUTへは4年ぶりに参戦する。以前には、現KNOCK OUTの前身であるREBELS-MUAYTHAIスーパーライト級王座や、KING OF KNOCK OUT初代スーパーライト級王座も獲得していた。

【フォト】不可思のパンチでバズーカが2度ダウン!その瞬間

 対するバズーカはKNOCK OUT-BLACKライト級&WMAF世界スーパーライト級王者。この試合は実質の新旧の王者対決になる。

 1R、バズーカがいきなり右ヒジ、さらには後ろ蹴りを放つと不可思をこかす。不可思はローで攻めるも、バズーカはパンチから組んでこかす。バズーカの攻勢が目立つ展開。

不可思のハイキック

 2R、バズーカが組んでからの右ヒジをヒット。前へ出てストレートの不可思にバズーカがバックブロー。
 後半、不可思がパンチで積極的に攻めると、左右ヒジをヒットさせる。不可思はヒジあり時代を思い出したか。バズーカもヒジで対抗も鼻から出血する。

 3R、不可思の左フックがバズーカのこめかみにヒット!バズーカはよろけ、ヒザをつきそうになってしまうが、なんとか立て直す。
 さらに不可思は詰めると、右フック、左フックをヒットさせ、ついにバズーカがダウン!

現役王者のバズーカがKO負けを喫した

 なんとかファイティングポーズを取るバズーカだが、足元がおぼつかない。不可思のパンチ猛攻に、よろめきながらもパンチを返すバズーカ。しかし、ついにスタンディングダウンが取られる。

 再度構えたバズーカ、ヒザが笑っている。ついにはスリップのように倒れると、寝そべったまま起き上がれず。ここでレフリーが試合を止めた。

勝利した不可思

 快心のKO勝利を飾った不可思は勝利マイクで「ノックアウトの皆さん、お久しぶりです、不可思です。今K-1のほうに、ベルト取りに行ってる最中で、なかなか遊びに来れないんですけど、またベルト取って、遊びに来させてもらいます」と再度のリングインを宣言した。

▶︎次ページは【フォト】不可思のパンチでバズーカが2度ダウン!その瞬間

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・3.5『KNOCK OUT』全試合 結果 速報(鈴木千裕、龍聖、木村ミノル、ぱんちゃん璃奈ほか)

・【フォト】ぱんちゃん“1年ぶりの肉体美”、“土木ネキ”坂本瑠華の鍛えた美ボディ

・【テレビ・配信】3.5『KNOCK OUT』鈴木千裕、龍聖、木村ミノル、ぱんちゃん璃奈 ほか 生中継・放送・配信情報

・【KNOCK OUT】ぱんちゃん璃奈が圧倒ラッシュも”土木ネキ”倒れず「私には拳しかない」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る
こんな記事も読まれています

TOP > 試合結果個別