TOP > 新着情報 > 試合結果個別

【ボクシング】前IBF王者・尾川堅一がKO勝利で再起、世界戦へ「リベンジしたい」

フォロー
2023/04/01(土)UP

尾川堅一がKO勝利で再起!豪快なフックを放つ

 前IBF世界スーパーフェザー級王者・尾川堅一(35=帝拳)が、4月1日(土)東京・後楽園ホールにて、ライト級ノンタイトル戦に挑み、クライ・セッタポン(36=タイ)を5R、3度のダウンでKOに沈め、見事に再起を飾った。

【フォト】尾川がダウンを奪った瞬間

 尾川は21年11月、念願の新王座に就くも、昨年6月英国で、同級3位ジョー・コルディナに2RKO負け、王座陥落した。
 8月、長年痛みを抱えていた右肩を手術し、再起戦に挑む。戦績は25勝(18KO)2敗1分。

セッタポンが攻める

 対するセッタポンは09年デビューのベテランで、32勝(22KO)9敗のカウンター使いだ。

 序盤、セッタポンは詰めながらも手数は少なく、右のカウンターを狙う。2Rには尾川が右ボディ、右ストレートを入れると、セッタポンの動きが一瞬止まる。

 3R後半からは、尾川が攻勢に。素早い右フックから左のカウンター、さらにはボディへと次々と入れてゆく。スピードの違いか、セッタポンはほぼ手数を出せない。

KO勝利した尾川

 5R、尾川が踏み込んでの強烈な右ボディ一閃!セッタポンがうずくまり、ダウン。再開後、尾川がショートの右フックを入れるとセッタポンがヒザをつき、2度目のダウン。
 
 3たび立ち上がったセッタポンだが、尾川がとどめの右フックで3度目のダウンを奪い、再起戦をKOで飾った。

 尾川はマイクで「相手の距離が遠くて戸惑ったけれど、下から崩して上を当てられた」とKO勝利に満足する。手術した右肩は「今日はぶんぶんに振りすぎたが、あとは伸びるだけ」と、さらに良くなってゆくと言う。
 昨年6月の世界戦敗北には「もう一度コルディナにリベンジしたい」と、王座奪還に向けて意気込んだ。

※全試合結果はこちら

▶︎次のページは【フォト】尾川がダウンを奪った瞬間

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・井岡戦で注目の”褐色のグラマラス”ガール、パンクラスでは美腹筋も

・那須川天心が”キレキレ”スパー公開、1週間後の試合に「勝つ自信しかない」

・亀田和毅、4・8那須川天心が有利の3つの理由、試合展開も予想

・話題のラウンドガール波田さんがハイキック披露!K-1ガールズ投票ではAブロック1位に浮上

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る
こんな記事も読まれています

TOP > 新着情報 > 試合結果個別