TOP > 試合結果個別

【キックW杯】ユン・ドクジェが竹内賢一に判定勝利

フォロー 友だち追加
2023/05/14(日)UP

韓国のドクジェ(中央)が判定勝利

国際親善大会 KICKBOXING WORLD CUP 実行委員会
『第一回国際親善大会 KICKBOXING WORLD CUP in JAPAN/TOKYO』
2023年5月14日(日)東京・大田区総合体育館

▼第2試合 WORLD CUP 国際戦 57.5kg契約3分3R
●竹内賢一(日本/テンクローバージム/元BigBangフェザー級王者)
判定0-3 ※三者とも28-30
◯ユン・ドクジェ(韓国/RAON GYM/KTK57kg王者)

ハイキックで攻める竹内

 竹内は、アマチュア時代から頭角を現しており、新日本キック、J-NET、Krush、SB、RISE、NJKFと様々なリングで経験を積んでいる。
 対するドクジェは現KTK 57kg王者だ。

 1R、ドクジェはパンチからローキックのコンビネーションで攻撃。竹内もパンチから蹴りにつなげるが、やや硬いか。ドクジェはワンツーから左ボディブローをヒット。竹内も返すが、ドクジェはボディ打ちを見せて冷静に試合を運んだ。

パンチを返すドクジェ

 2R、ドクジェはパンチからボディへつなげるコンビネーションで攻撃。回転が始まると、なかなか止められない竹内。だが竹内はヒザ蹴りのカウンターを決めるなど反撃を見せて、ややペースを掴みかけた。

 3R、竹内は前へ出て積極的にパンチをまとめる。ドクジェはこれに対応し、パンチのカウンターをヒット。なおもパンチで打ち合う竹内。ドクジェはカウンターのパンチを返し、勝負は判定へ。優勢に試合を進めたドクジェが、3-0で勝利した。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・5.14『KICKBOXING WORLD CUP』全試合 結果 速報

・【テレビ・配信】5.14『KICKBOXING WORLD CUP』TV放送・ネット配信・生中継情報

・“ピーター・アーツ長女”モンタナ、仕上がった肉体で計量パス!「ハードな練習を積んできた」

・[本日の試合]野中大地が“ピーター・アーツ長男”マルシアーノに判定勝利

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る
●新着情報

TOP > 試合結果個別