TOP > 試合結果個別

【キックW杯】滝上正太とMAMUTIはアクシデントで続行不能、途中判定ドローに

フォロー 友だち追加
2023/05/14(日)UP

滝上(左)vsMAMUTI(右)は、2R途中までの採点でドローとなった

国際親善大会 KICKBOXING WORLD CUP 実行委員会
『第一回国際親善大会 KICKBOXING WORLD CUP in JAPAN/TOKYO』
2023年5月14日(日)東京・大田区総合体育館

▼第3試合 WORLD CUP 国際戦 ヘビー級3分3R
△滝上正太(日本/聖空会館/アクセルヘビー級王者) 
ドロー 判定0-0 ※20-20×3
△MAMUTI(ブラジル/ブラジリアンタイ)
※2R途中で金的攻撃のアクシデントがあり、試合続行不能として2R11秒までで採点

右インローを連発する滝上

 滝上は昨年12月に開催された『アクセル54 Xmasイベントin OSAKA』のヘビー級タイトルマッチにて、ライバルの安藤優介との激闘の末に判定で下し、王座防衛に成功している。
 対するMAMUTIは、RISEウェルター級、ISKAスーパーウェルター級王座と数々のタイトルを獲得した経験を持つダニロ・ザノリニの秘蔵っ子だ。

 1R、滝上は右インローを連発。すぐに右ハイキックでKOを狙う。そして、三日月蹴りと上中下に蹴り分けた。MAMUTIは接近するとショートのフックを連打。これをガードした滝上は、ハイキックを狙うもMAMUTIが反応した。

前のめりに倒れ、苦しむMAMUTI

 2R、互いに蹴りを交換した直後、滝上のローキックがMAMUTIの金的に直撃。前のめりに倒れて、起きられないMAMUTI。試合続行不能となり、アクシデントとして扱われ、ここまでの採点で0-0のドローとなった。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・5.14『KICKBOXING WORLD CUP』全試合 結果 速報

・【テレビ・配信】5.14『KICKBOXING WORLD CUP』TV放送・ネット配信・生中継情報

・吉成名高が計量パス!強豪ペットナコンと「ムエタイの魅力が詰まった戦いに」と気合い

・こめお、中学時代のワル写真公開!「こめおはどこ?」Krush王者との関係も!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る
●新着情報

TOP > 試合結果個別