TOP > 試合結果個別

【キックW杯】ルンピニー2階級制覇ソッガオが健太に勝利、ムエタイテクニック見せつける

フォロー 友だち追加
2023/05/14(日)UP

健太がソッガオに敗戦

国際親善大会 KICKBOXING WORLD CUP 実行委員会
『第一回国際親善大会 KICKBOXING WORLD CUP in JAPAN/TOKYO』
2023年5月14日(日)東京・大田区総合体育館

▼第5試合 WORLD CUP 国際戦ムエタイ 65kg契約3分3R(延長1R)
●健太(日本/E.S.G/元NJKFウェルター級王者、元WBCムエタイ日本ウェルター級王者)
判定0-3 ※28-29、29-30、28-30
〇ソッガオ・ペッティンディーアカデミー(タイ/元ルンピニースタジアムミドル級&ウェルター級王者、元WMC世界ミドル級王者)

右を入れる健太

 健太は長くNJKFをけん引してきたベテランで、試合間隔を空けずに戦うことでも知られ、戦績は100戦を超える。今年2月には喜入衆の引退試合の相手を務め判定勝ち、先月16日の『NJKF 2023 2nd』では吉田凛汰朗に勝利し、現在3連勝中。

 対するソッガオは、元ルンピニースタジアムミドル級&ウェルター級王者、元WMC世界ミドル級王者という実力者だ。

パンチを打ち返すソッガオ

 1R、健太が左右フックからローで前に出るが、ソッガオは健太の空いた脇腹に強烈な左ミドル、さらには打ち下ろしの右を入れる。ソッガオは中盤から前に出始めヒジを狙うが、健太は右のロー、カーフ。
 
2R、健太が積極的にフックを狙うも、ソッガオは右フック、左ミドルから組んではヒザを入れる。ソッガオのボディ攻撃が目立つ。ラスト、ソッガオの右のカウンターで健太の動きが一瞬止まる。

ソッガオが健太を下し勝利

 3R、ソッガオはミドル、右ストレートのカウンター狙い。健太はフックを狙うがなかなかは入れず。ラストは健太が左右フックで入るも、ソッガオがジャブ、左ヒザを当てていった。

 判定は3-0でソッガオが判定勝ち。ソッガオがムエタイテクニックの上手さを見せつけた。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・5.14『KICKBOXING WORLD CUP』全試合 結果 速報(吉成名高vsペットナコンほか)キックW杯 試合結果

・【テレビ・配信】5.14『KICKBOXING WORLD CUP』TV放送・ネット配信・生中継情報

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る
●新着情報

TOP > 試合結果個別