TOP > 試合結果個別

【キックW杯】チャド・コリンズがヒジ出血でピンチも勝利、怒涛のパンチ連打で延長戦を圧倒

フォロー 友だち追加
2023/05/14(日)UP

顔面前蹴りを放つコリンズ

国際親善大会 KICKBOXING WORLD CUP 実行委員会
『第一回国際親善大会 KICKBOXING WORLD CUP in JAPAN/TOKYO』
2023年5月14日(日)東京・大田区総合体育館

▼第6試合 WORLD CUP 国際戦ムエタイ 64.5kg契約3分3R(延長1R)
〇チャド・コリンズ(オーストラリア/WMC世界スーパーライト級王者、WBCムエタイ世界スーパーライト級王者)
延長判定2-0 ※10-9×2、10-10
●ラーチャシン・ペッティンディーアカデミー(タイ/IBFムエタイ世界ウェルター級王者)

ラーチャシンが右ミドル

 コリンズは、オーストラリア人ながらタイに在住するムエタイ戦士。タイ国内でも高い評価を受ける一流ファイター。セクサン、パコーン、サックモンコンといったトップファイターを撃破した実績を持つ。来日経験も多く、海人、不可思、中野椋太、直樹、笠原弘希らに勝利を重ねている。

 対するラーチャシンは現役IBFムエタイ世界ウェルター級王者。蹴りと肘打ちを得意とし、先月9日のラジャダムナンワールドシリーズでも勝利している実力者だ。2人はタイで知り合い親友だと言う。

コリンズの攻撃にラーチャシンの身体が捩れる

 1R、コリンズがダイナミックな左ミドルからよく伸びる右ストレート。ラーチャシンが右前蹴り、右ミドルを出すも、コリンズは即座に右フックを合わせる。コリンズのペースか。

 2R、コリンズがさらにギアを上げ、左ミドル3連打から右ストレートを入れる。さらには右ローの3連打から左フックも入れる。ラーチャシンはミドルの単発で押され気味だ。

延長の激闘を制したコリンズ

 ラスト1分、コリンズが上下のパンチラッシュから得意のアッパーまで。ラーチャシンの顔が跳ね上がる。
 しかし、ここでコリンズの左こめかみから血が流れ、ドクターチェック。ラッシュ時にヒジを合わせられたか。コリンズの傷はかなり深そうだが、出血は無い。

 3R、コリンズは左こめかみを庇うように左手でガードし、距離をあけつつ、蹴りと右ストレートのみで攻める。ラーチャシンは単発のミドルが多く、ほぼ防戦だ。

 判定は3者ともに29-29でドロー。

 延長R、コリンズが右を入れるも、ラーチャシンは即座に傷口に右ヒジを放つ。コリンズの傷口が出血する。ドクターチェックの後、コリンズが前に出て右を入れるが、ラーチャシンは動じない。

 ラスト1分、コリンズの出血に、またもレフリーが止め、ドクターチェック。再開後、コリンズが詰めては嵐のようなパンチ連打、さらには縦ヒジを放ち、ゴング。

 判定は2-0でチャドコリンズが勝利。深い傷からの出血も、果敢に攻めまくったコリンズが親友対決を制した。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・5.14『KICKBOXING WORLD CUP』全試合 結果 速報(吉成名高vsペットナコンほか)キックW杯 試合結果

・【テレビ・配信】5.14『KICKBOXING WORLD CUP』TV放送・ネット配信・生中継情報

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る
●新着情報

TOP > 試合結果個別