TOP > 試合結果個別

【キックW杯】”アーツ娘”モンタナが悔しい敗戦、JKファイターMARIAが強気なパンチで金星

フォロー 友だち追加
2023/05/14(日)UP

アーツ娘のモンタナ(左)がMARIAに敗戦

国際親善大会 KICKBOXING WORLD CUP 実行委員会
『第一回国際親善大会 KICKBOXING WORLD CUP in JAPAN/TOKYO』
2023年5月14日(日)東京・大田区総合体育館

▼第7試合 WORLD CUP 国際戦 LEGEND DNA FIGHT56kg契約 2分3R
●モンタナ・アーツ(オランダ/ピーター・アーツDNA)
判定0-3  ※29-30×2、28-30
〇MARIA(PCK大崎 TeamRing/ミネルヴァスーパーバンタム級9位)

長身を活かしたヒザ蹴りで対抗するモンタナ

 モンタナはピーター・アーツの娘であり、無敗を保っていたが、今年2月にブルガリアで開催されたプロ格闘技イベント『戦士-SENSHI-』で判定負け。しかし、3月の『RISE ELDORADO 2023』に出場すると、きたりこに判定勝利で、再起戦を白星で飾っている。

 対するMARIAは高校生3年生で、父が代表を務める宮城県「PCK大崎」ジムで幼少時よりトレーニングに励んできた。ミネルヴァ スーパーバンタム級では、ランキング5位となっている。

MARIAのパンチがモンタナの顔面を強襲

 モンタナはピーター・アーツ、双子の弟マルシアーノ、さらにはK-1サッタリを引き連れ入場。向かい合うと、モンタナが14㎝上回る長身が目立つ。

 1R、MARIAがいきなりワンツーの連打で前進、サウスポーのモンタナのアゴが跳ね上がる。さらにMARIAはローキックから右ストレートをヒット。
 モンタナはようやく落ち着いた様子で前蹴り、ヒザから左ストレートを入れる。しかしラストもMARIAがパンチをまとめる。

モンタナに勝利し笑顔のMARIA

 2R、MARIAがまたも突っ込み、乱打戦からスタートも、今度はモンタナの左フックも入る。モンタナは組んではヒザを入れ、離してはミドルを入れるが、MARIAの勢いは止まらない。

 3R、MARIAの前進に、モンタナの右ストレートが入る。しかしMARIAはバックブローから連打でコーナーに追い詰める。ラストはモンタナもヒザ、左フックを入れるも、MARIAは連打と前進を止めなかった。
 
 判定は3-0でMARIAが勝利、強気に前進し、パンチを入れ続け白星をものにした。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・“ピーター・アーツ長女”モンタナ、仕上がった肉体で計量パス!「ハードな練習を積んできた」

・5.14『KICKBOXING WORLD CUP』全試合 結果 速報

・【BreakingDown】喧嘩無敗の韓国マッスル男、瓜田を吹っ飛ばし「そんなガリガリじゃ俺には勝てない」

・【テレビ・配信】5.14『KICKBOXING WORLD CUP』TV放送・ネット配信・生中継情報

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る
●新着情報

TOP > 試合結果個別