TOP > 試合結果個別

【キックW杯】武蔵の弟子・麻原将平が敗戦、ムエタイ強豪テーパプットが神速の左ミドルで圧倒

フォロー 友だち追加
2023/05/14(日)UP

テーパプットが左ミドルで麻原に圧勝

国際親善大会 KICKBOXING WORLD CUP 実行委員会
『第一回国際親善大会 KICKBOXING WORLD CUP in JAPAN/TOKYO』
2023年5月14日(日)東京・大田区総合体育館

▼第9試合 WORLD CUP 国際戦 LEGEND DNA FIGHT 63kg契約3分3R(延長1R)
●麻原将平(日本/武蔵DNA/PFP/元HOOST CUP日本ライト級王者)
判定0-3  ※28-30×2、29-30
〇テーパプット・シンコウムエタイ(タイ/NJKF新興ムエタイジム/元ムエタイ7CHスーパーフェザー級王者)
※リー・コーベルが怪我で欠場のためテーパプットに変更

ローを蹴る麻原

 麻原はK-1で活躍した武蔵の弟子で、HOOST CUP初代スーパーライト級王者。40戦以上の戦績を誇り、一撃必殺の強打を武器とする。

 対するテーパプットはムエタイ7CHスーパーフェザー級王者、スックワンキントーン世界ライト級王者などのタイトル歴を持つ強豪選手だ。

 1R、サウスポーのテーパプットがパンチ、前蹴りから最後に必ず左ミドルを入れる。麻原は上下のパンチ、ローを放つもガードされ気味だ。

テーパプットの華麗な左ミドル

 2R、テーパプットの単発左ミドルに、麻原がロー、フックを合わせようと狙う。しかし中盤からは蹴られたまま返せない時間が続く。
 麻原のパンチもステップ、ガードでかわすテーパプット。麻原の右腕は、左ミドルを蹴られ真っ赤なミミズ腫れだ。

 3Rも変わらずテーパプットの左ミドルが入る。麻原が左ボディを入れるも、テーパプットが即座に左ヒザを返す。

テーパプットが勝利した

 最後まで麻原のパンチは、ほぼ組まれ、テーパプットが左を入れ続けた。

 判定は3者ともにテーパプット。ムエタイ王者の実力見せつけ、麻原を完封した。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・5.14『KICKBOXING WORLD CUP』全試合 結果 速報(吉成名高vsペットナコンほか)キックW杯 試合結果

・【テレビ・配信】5.14『KICKBOXING WORLD CUP』TV放送・ネット配信・生中継情報

・【BreakingDown】喧嘩無敗の韓国マッスル男、瓜田を吹っ飛ばし「そんなガリガリじゃ俺には勝てない」

・ラウンドガール宮原華音、ビキニ姿でハイキック!その華麗さにファン絶賛

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る
●新着情報

TOP > 試合結果個別