TOP > 試合結果個別

【キックW杯】“ホースト推薦”ブライアン・ドゥエスが秒殺KO勝利!ジャイロ楠に怒涛のローキック連発

フォロー 友だち追加
2023/05/14(日)UP

強烈なローで秒殺勝利を飾ったドゥエス

国際親善大会 KICKBOXING WORLD CUP 実行委員会
『第一回国際親善大会 KICKBOXING WORLD CUP in JAPAN/TOKYO』
2023年5月14日(日)東京・大田区総合体育館

▼第10試合 WORLDCUP 国際戦 LEGEND DNA FIGHT ヘビー級3分3R(延長1R)
●ジャイロ楠(ブラジル/TEAM JAILO/HOOST CUPヘビー級王者)
KO 1R 1分7秒  ※3ノックダウン
〇ブライアン・ドゥエス(オランダ/HOOST選抜/2017 WFL ライトヘビー級王者、2015巌流島王者)

破壊力あるパンチを振るドゥエス

 ジャイロは、プロボクサーとして活躍し、キックボクシングに転向した日系ブラジル人ファイター。ハンマーパンチを武器に、J-NETWORKヘビー級王者、アクセルヘビー級王者を経て、昨年12月にホーストカップ ヘビー級タイトルを獲得している。

【フォト】ドゥエスの強打に、ジャイロが苦悶の表情でダウンする瞬間!(連続写真)

 対するドゥエスは、旧K-1時代からキャリアを誇るベテラン。GLORY、Enfusion、WFLで活躍、2015年の『巌流島』トーナメントで優勝経験も持つ。アーネスト・ホーストがその活躍を長年見続け、今大会の選抜ファイターとして出場。

ホースト推薦のドゥエスがKO勝利

 1R、いきなり2人がノーガード気味の打ち合いに、互いに被弾するも、ドゥエスが楠の右関節付近にローを入れると、楠がダウン。

 立ち上がった楠だが、ドゥエスはフックから右ロー、またも楠が倒れるも、再び立ち上がる。

 さらにドゥエスは左右フックから怒涛の右ロー連打。たまらず楠が倒れ、3ノックダウンでドゥエスが秒殺KO勝利した。

▶︎次ページは【フォト】ドゥエスの強打に、ジャイロが苦悶の表情でダウンする瞬間!(連続写真)

※全試合結果はこちら

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・5.14『KICKBOXING WORLD CUP』全試合 結果 速報

・【テレビ・配信】5.14『KICKBOXING WORLD CUP』放送・配信・生中継情報

・【BreakingDown】喧嘩無敗の韓国マッスル男、瓜田を吹っ飛ばし「そんなガリガリじゃ俺には勝てない」

・ラウンドガール宮原華音、ビキニ姿でハイキック!その華麗さにファン絶賛

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る
●新着情報

TOP > 試合結果個別