TOP > 試合結果個別

【RISE】“極真空手”南原健太、衝撃の逆転KOで王座戴冠!最凶タイ戦士がマットに轟沈

フォロー 友だち追加
2023/08/18(金)UP

南原が衝撃の逆転KOで王座を戴冠した

RISEクリエーション株式会社
『RISE 171』
2023年8月18日(金)東京・後楽園ホール
▼メインイベント(第11試合)第2代RISEライトヘビー級(-90kg)王座決定戦 3分5R無制限延長R
〇南原健太(日本/極真会館)
KO 2R 1分35秒 ※右フック
●コントゥアラーイ・JMボクシングジム(タイ/JM Boxinggym)

【動画】南原が豪快KOフィニッシュ!コントゥアラーイが壮絶ダウン

コントゥアラーイがパンチを放つ

 南原は幼少時代から極真空手を学び、小学生の時は那須川天心とライバル関係にあった。21年7月にRISEでプロデビューし、今年3月のRISE ELDORADO 2023ではK-1との対抗戦に抜擢され愛鷹亮を1R KO。準決勝では入田和樹を2Rでリングに沈めている。戦績は8戦7勝1敗(7KO)と勝利した試合は全てKO勝ちだ。

 対するコントゥアラーイは「タイ最凶ファイター」と称され、ボクシング、オープンフィンガーグローブムエタイで王座を獲得。今年4月の「SukWanchai MuayThai Super Fight」では実方宏介に2R KO勝利を飾りIMSA世界ヘビー級王座に輝いている。準決勝では、ナンド・アルメイダに判定勝ちしている。戦績は52戦42勝10敗。

南原がパンチで攻める

 1R、コントゥアラーイがボディ打ちで先制。南原は左右ローをコツコツ蹴り、顔面前蹴り。すると、コントゥアラーイが強烈な右フックを南原のアゴにクリーンヒット。これで南原がダウンを喫してしまう。ジャッジは3者とも10-8でコントゥアラーイを支持する。

 2R、南原がギアを上げてパンチからミドル、後ろ回し蹴りと攻める。コントゥアラーイは笑みを浮かべて、左右フックを返す。すると、近距離で南原が左ヒザ蹴り、そして左フックをカウンターでヒット。コントゥアラーイがよろけると、そのままダウンを喫する。

 チャンスと見た南原は一気に打ち合いを仕掛けて、パンチ連打。コントゥアラーイも気合で右フックを打ち返すが、南原の左フック、そして最後は右フックがコントゥアラーイにクリーンヒット。コントゥアラーイが崩れるようにダウン。

 南原が劇的なKO勝利で第2代RISEライトヘビー級(-90kg)王座を戴冠した。

勝利マイクで話す南原

 南原は勝利マイクで「僕は4歳から格闘技を始めて、21年目にしてこのような大きいタイトルを獲ることが出来ました。僕はここで止まらず、もっともっと羽ばたいていきます。RISEのライトヘビー級は南原健太に任せてください」とアピール。最後にジムのトレーナーや家族、ファンに感謝を伝えた。

▶︎次ページは【動画】南原が豪快KOフィニッシュ!コントゥアラーイが壮絶ダウン

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・【RISE】8.18 全試合 結果 速報(南原健太vsコントゥアラーイ、鈴木真彦、小林愛三ほか)

・【RISE】南原健太vsコントゥアラーイ、鈴木真彦、小林愛三ほか前日計量結果

・計量パスの小林愛三、“元キャバ嬢”Melty輝の“挑発シャンパン”に怒り「ぶっ飛ばしたい」

・【BreakingDown】朝倉未来、愛弟子・西谷の“魔裟斗ライバル”クラウスとの対戦に「荷が重い、俺とやって面白いくらい」

・【テレビ・配信】8.26『BreakingDown9』(ブレイキングダウン9)生中継、放送、配信情報

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る
こんな記事も読まれています

TOP > 試合結果個別