TOP > 試合結果個別

【RISE】元K-1王者・大雅、常陸飛雄馬との延長激闘を制す、タイトル戦をアピール!

フォロー
2023/08/26(土)UP

大雅(左)が、常陸飛雄馬との延長に及ぶ激闘を制した

RISEクリエーション株式会社
『ABEMA presents RISE WORLD SERIES 2023 2nd Round』
2023826日(土)東京・大田区総合体育館
▼第9試合 スーパーフェザー級(-60kg)3分3R延長1R
●常陸飛雄馬(TARGET SHIBUYA/同級2位)
延長判定 0-3 ※三者とも9-10
〇大雅(TRY HARD GYM/同級9位、元K-1 WORLD GPスーパー・フェザー級王者)
※本戦判定は29-30、29-29、29-29

大雅のロー

 常陸は19年7月から1つの引き分けを挟んで8連勝(7KO)中だったが、今年1月にチャンヒョン・リーの王座に挑み、延長判定で惜しくも敗れた。

 対する大雅は元K-1 WORLD GPスーパー・フェザー級王者。K-1脱退後は多くの敗北を経験したが、現在は引き分けを挟んで4連勝中。今年3月にはランキング1位の一馬と対戦が決まっていたが、体調悪化で試合中止に。しかし6月に武尊と出場した『Impact in Paris』では圧勝し復活した。

互いの闘志が、ぶつかり合う

 1R、大雅がサウスポー。常陸がじりじり圧をかけて、右ローをヒット。大雅が左ボディストレートを放つ。大雅が左フックを強打、下がらない常陸は右フックを返す。緊張感のある立ち上がり。

 2R、常陸がガードを下げながら、右の三日月蹴りやロー。大雅はパンチから左ミドルをヒット。常陸のプレッシャーに大雅が左飛びヒザ蹴りを見舞う。常陸は右の三日月蹴りで応戦。やや距離が近づいてきたが、ここまで明確な決め手はない。

 3R、大雅が左ローからハイキック。効いていないとアピールする常陸は距離を詰めて、左ボディフック。大雅が左ストレートをヒット、常陸は左ボディフックを返す。お互いに笑みを浮かべての激しい打ち合いで終了のゴングが鳴った。

 ジャッジは1者が大雅を支持も2者がドローに付け、延長戦へ突入する。

大雅(左)が、常陸飛雄馬との延長に及ぶ激闘を制した

 延長R、前後にステップを踏む大雅は左フックで飛び込み、右ジャブを突く。常陸のボディフック、大雅の右フックが交錯。大雅の左フックがヒット。会場が湧く中、常陸は打ち合いを仕掛け、左右フック。大雅は奥足へのローキック。常陸の前進を交わしつつ、大雅は的確なヒットを奪った。

 ジャッジは3者とも大雅を支持。的確なヒットで進化を見せた大雅が常陸を振り切った。大雅はマイクを持つと「良かった。セミで後輩の田丸(辰)が決勝をかけて、試合をするので繋げたぞ。伊藤代表、次タイトルマッチやらせてください。今日、田丸も勝って、決勝の日にチャンヒョン(リー)選手とやりたいと思います」とアピールした。

 

●編集部オススメ

・【RISE】8.26 全試合 結果 速報(YA-MANvs山口裕人、大﨑一貴vs田丸辰、志朗vsクマンドーイ、チャンヒョンvs秀樹ほか)ライズ 試合結果

・【テレビ・配信】8.26『RISE』YA-MANvs山口裕人のOFG王座決定戦、-54kg世界T準決勝ほか生中継・放送・配信情報

・【RISE】初代OFG王座決定戦!YA-MANがMMA成果のマッスルボディで計量パス、山口裕人は“KO”宣言

・【RISE】注目の世界-54kgT、志朗・クマンドーイ・田丸辰・大﨑一貴ともに計量パス!決勝へ進むのは誰だ⁉

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る
こんな記事も読まれています

TOP > 試合結果個別