TOP > 新着情報 > 試合結果個別

【ボクシング】カネロ、チャーロを撃破!ダウンも奪い、4団体統一王者対決を完勝V

フォロー
2023/10/01(日)UP

カネロがジャーメル・チャーロに勝利(写真は21年11月プラント戦/Getty)

 10月1日(日・現地時間30日)ラスベガスのT-モバイル・アリーナで[4団体統一世界S・ミドル級タイトルマッチ]が行われ、同級4団体統一世界S・ミドル級王者サウル・カネロ・アルバレス(メキシコ)が3-0(118-108、118-109×2)の完勝で、4団体統一世界S・ウェルター級王者ジャーメル・チャーロ(アメリカ)で下し、防衛成功した。

【フォト&動画】チャーロついにダウン!カネロの強打でガクリと膝をつく瞬間

 男子史上初となる、現4団体世界統一王者同士の対戦だった。
 アルバレスは18年のキャリアを持ち、スーパー・ウェルター級からライト・ヘビー級までの4階級で世界王座を獲得してきた。23度の世界戦を含む戦績は63戦59勝(39KO)2敗2分。

 対するチャーロは16年間のキャリアで37戦35勝(19KO)1敗1分の戦績。11年からスーパー・ウェルター級の体重で戦っており、昨年5月には4団体の王座統一も果たした。なおこの試合開始時点で、WBOのタイトルは返上された。

カネロ(左)とチャーロ(右)のフェイスオフ(Getty)

 1Rからカネロはロープに詰め、チャーロの左肩口へ強烈な右フックを叩き込む。
 2、3Rもチャーロがジャブを入れるもカネロは一切下がらず、プレッシャーをかけ右、重い左右ボディを入れてゆく。

 4Rになると、チャーロがカネロの打ち終わりに右のフックを放ち、左フックも入れるが、カネロは下がらず左、ボディを入れる。

 7R、チャーロがステップを早めてワンツー連打。しかしカネロは詰めるとガードの隙間から強烈な右!チャーロの動きが止まり、ワンテンポ後にヒザを折り、ダウンした。

 立ち上がったチャーロは鋭い左をヒットさせる、しかしカネロは変わらぬペースで詰めてパンチを放つ。

 8R、ピンチのチャーロはワンツー手数を出し凌ぐ。
 しかしその後もカネロは右フック、左ボディ、右アッパーと多彩なパンチをねじ込み続ける。

 最終12R、後がないチャーロが若干前重心にしつつ、連打を入れる。打ち終わりの左フックもヒット!しかしカネロは効いたそぶりも見せず、圧力からの右フック、左ボディを入れ続けた。

 判定は3-0(118-108、118-109×2)の完勝でカネロ、見事4団体王者対決を制し防衛を成功させた。

▶︎次ページは【フォト&動画】チャーロついにダウン!カネロの強打でガクリと膝をつく瞬間

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・【結果 速報】10.1 カネロvsチャーロ ほか 全試合 結果 速報=ボクシング

・“4団体王者対決”、カネロとチャーロが鍛え上げたボディで計量パス!譲らぬバチバチの睨み合いに=10.1ラスベガス

・人気のフィットネス美女が水着モデル姿に!ファン「ゴージャス」と驚きの声

・長身美女レスラー上福ゆき、念願の初写真集、“修正なし”美脚も「全てそのまま放出します」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る
こんな記事も読まれています

TOP > 新着情報 > 試合結果個別