TOP > 試合結果個別

【KNOCK OUT】優翔、“三冠王”鷹大を悶絶ヒザ蹴りでKO!本場タイの実力アピール

フォロー 友だち追加
2023/11/05(日)UP

ハイキックを繰り出す優翔

株式会社 Def Fellow
MAROOMS presents『KNOCK OUT 2023 vol.5』
2023年11月5日(日)東京・後楽園ホール
▼第1試合 KNOCK OUT OFG-RED スーパーフェザー級 3分3R・延長1R
●鷹大(WSRフェアテックス西川口)
KO 3R 2分29秒 ※右ヒザ蹴り
〇優翔(team NOVA) 

パンチで攻める鷹大

 鷹大はWMC世界スーパーバンタム級、WPMF日本スーパーバンタム級、WPMF日本フェザー級王座戴冠歴のある3冠王。過去にはK-1グループで小澤海斗ら強豪と戦ってきた。

【フォト】鷹大が悶絶ダウンする瞬間

 対する優翔は27勝(5KO)10敗の戦績を持つ21歳。本場タイを中心に戦ってきたが、今回は国内戦で、KNOCK OUT初参戦を果たす。

 1R、鷹大が右ローで攻めると、優翔が前蹴りを返していく。優翔は左ジャブを使いながら、様子を伺う。鷹大はじりじり前に出ていくと、優翔は左ミドルを合わせる。

優翔もパンチを放つ

 2R、優翔が左ジャブでけん制し、右ハイと攻撃を散らす。鷹大は頭を振りながら、左フック。優翔は上手く距離を取りながら、右のテンカオや左ミドルを放つ。両者、ミドルやローの蹴り合い。優翔の右ストレートがヒット、左フックから、ヒザ蹴りで有効打を浴びせる。鷹大は鼻血を出してしまう。

 3R、優翔がハイキックで先制し、左ジャブから右ストレートを放つ。左縦ヒジ、右ヒジ打ちを見せる優翔。鷹大は近距離のフックで応戦するが、優翔にこかされてしまう。優翔はボディ打ちもヒット、右ローと蹴りも忘れない。優翔がヒザ蹴りからの左右フックで攻める。

勝利した優翔

 すると、優翔が強烈な右ヒザ蹴りをボディへ突き刺し、クリーンヒット。鷹大が悶絶ダウンを喫し、そのまま立ち上がることは出来ず。優翔が圧巻KO勝ちで、実力をアピールした。

 優翔は「元日本チャンピオン、KO出来たので、自分の階級は空位だと思いますけど、タイトルマッチやりたいです」とアピールした。

▶︎次ページは【フォト】鷹大が悶絶ダウンする瞬間

※全試合結果はこちら

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・11.5『KNOCK OUT』全試合 結果 速報(小笠原瑛作、不可思、重森陽太ほか)

・【テレビ・配信】11.5『KNOCK OUT』小笠原瑛作、不可思、重森陽太ほか生中継・放送・配信情報

・ONE凱旋の小笠原瑛作、仕上げたボディで計量パス!“KOボーナス100万円獲る”

・計量パスの不可思、初OFGマッチでKO宣言!相手はムエタイ強豪デンサヤーム

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る
こんな記事も読まれています

TOP > 試合結果個別