TOP > 試合結果個別

【DEEP】しなしさとこ、“46歳の挑戦”を実らせ勝利、ちびさいKYOKAを撃破

フォロー
2023/11/11(土)UP

46歳・しなしさとこ(左)が、ちびさいKYOKA(右)に勝利

DEEP事務局
『DEEP 116 IMPACT』
20231111日(土) 東京・後楽園ホール
▼第7試合 DEEP JEWELSミクロ級 5分2R
〇しなしさとこ(フリー)
判定3-0 ※三者とも20-18
●ちびさいKYOKA(SAI-GYM)

しなしがちびさいの上になる

 しなしは、大学で柔道全日本学生選手権ベスト8、卒業後にはサンボ世界選手権で銅メダルに輝いた。2008年には初代DEEP女子フライ級王座を獲得。出産、育児を経て14年に6年ぶりの復帰を果たした後も勝利を重ねたが、19年12月、にっせーにTKO負け。その後20年8月に王座返上も、今年2月に復帰し古林礼名に判定勝利を収めた。

【フォト】46歳しなしと“国内最小最軽量ファイター”ちびさいが激闘!

 対するちびさいは146cm、42kgの“国内最小最軽量ファイター”。デビューから3連敗と苦しい時期が続いたが、22年9月、プロ4戦目にして初勝利を挙げると前戦となった今年2月大会では一本勝ちし2連勝中。今月の上瀬あかり戦では、チョークでタップを取られたが、上瀬が800g体重オーバーのため結果は無効試合となった。

両者パンチを打つ

 1R、距離をとって回るちびさいを、しなしは距離を詰め内股で投げる。だが、投げられたちびさいは跳ねた勢いで逆に上を取る。しなしは下から腕十字、ちびさいの腰に組みつきテイクダウンと攻める。立ち上がってくるちびさいをしなしは金網に押し詰めていくが、ちびさいはここから逃れ、しなしが仕掛ける下からの腕十字も逃れトップからコントロールしていく。

 2R、ちびさいは組みを警戒して距離を取って回る。そしてカーフキック、右フック。組みの展開でしなしは上を取るが、ちびさいはすぐに動いてスクランブルでしなしを下にする。しかし、しなしはスイープしてサイドポジションとなりアームロックを狙う。しなしはマット・ヒューズポジションに変わり、アームロックを狙いながら鉄槌を落とす。終盤にこれを脱したちびさいは三角絞めのロックにとらえるが、極めには至らず終了となる。

 判定は20-1820-1820-183-0でしなし。これで連勝となった。

▶︎次ページは【フォト】46歳しなしと“国内最小最軽量ファイター”ちびさいが激闘!

※全試合結果はこちら

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・【DEEP】11.11 全試合 結果(元谷友貴vsCORO、北岡悟vs泉武志ほか)

・【テレビ・配信】11.11『DEEP』元谷友貴vsCORO、北岡悟vs泉武志ほか生中継・放送・配信情報

・【DEEP】ATT所属の元谷友貴、仕上げたボディで計量パス!「メインの試合する」元暫定王者COROと対戦へ

・【DEEP】北岡悟、マッスルボディで計量パス!対する泉「バッチシ仕上げた、明日は勝つ」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る
こんな記事も読まれています

TOP > 試合結果個別