TOP > 試合結果個別

【SB】王者・山田虎矢太、強豪テーパプットを撃破!巧みな投げも披露

フォロー
2023/11/14(火)UP

山田がテーパプットを投げる

一般社団法人シュートボクシング協会
『SHOOT BOXING 2023 シリーズ Final -Start towards 40th anniversary-』
2023年11月14日(火)東京・後楽園ホール

▼第5試合 58.0kg契約 エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
〇山田虎矢太(シーザージム/SB日本スーパーバンタム級王者)
判定3-0 ※三者とも30-28
●テーパプット・シンコウムエタイ(タイ/新興ムエタイジム/元タイ7chスーパーフェザー級王者)

前蹴りを突き刺す山田

 “山田ツインズ”の弟・虎矢太は12戦12勝(9KO)のパーフェクトレコードの第15代SB日本スーパーバンタム級王者。12勝のうち、9KOのレコードで的確かつ鋭いパンチで相手をマットに沈めてきた。現在は有井渚海、植山征紀らに4連続KO勝利中だ。

【連続写真】山田の投げが見事に決まる瞬間

 対するテーパプットは元タイ7chスーパーフェザー級王者。現在は新興ムエタイジム所属だ。日本ではバズーカ巧樹、重森陽太などを相手に勝利を収めており、その実力に陰りはない。

山田がパンチで追い詰める

 1R、テーパプットは左ミドルで先制、山田は右カーフキックを蹴る。山田は左ボディを何度もヒットさせるが、テーパプットは顔色一つ変えない。テーパプットは様子見だが、じっくり山田の動きを観察する。パンチで追い詰める山田は投げを決めて、シュートポイント1を獲得した。

 2R、テーパプットは左のヒザ蹴りで前進、右ミドルを強打する。首相撲からのヒザ蹴りを放つテーパプット。山田はカウンターのフック狙いか、左ボディフックで快音を響かせる。ワンツー、フックと攻撃を出す山田だが、テーパプットが上手く組み付き、連打を許さない。

前の試合で勝利した兄と並ぶ虎矢太(左から3番目)

 3R、テーパプットは左右ミドルキック、山田は左ジャブで距離を測る。テーパプットの目のあたりから出血が見られる。山田が右のクロスカウンター、左ボディと腹にも打ち分ける。それでもテーパプットは上手く首相撲を使いながら、連打を許さなかった。

 ジャッジ3者とも山田を支持。山田が強豪テーパプットに判定勝ちを収めた。

▶︎次ページは【連続写真】山田の投げが見事に決まる瞬間

※全試合結果はこちら

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・『SHOOT BOXING』11.14 全試合 結果 速報(海人vsマサロ・グランダー、笠原弘希・友希ほか)=シュートボクシング 結果

・【SB】海人が強靭ボディで計量パス!強敵グランダーに「レベルの差を見せて倒す」=11.14

・【シュートボクシング】“ツヨカワ女王”MISAKIとK-1チャン・リーが計量パス、美女ファイターが互いに譲らぬ割れた腹筋

・【シュートボクシング】グラビアでも話題の“K-1美女”チャン・リー、MISAKI戦へ“見る人の心に響く試合を”

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る
こんな記事も読まれています

TOP > 試合結果個別