TOP > 試合結果個別

【シュートボクシング】笠原弘希がONEムエタイ強豪を初回KO!剛腕フックでなぎ倒す

フォロー
2023/11/14(火)UP

笠原(右)のパンチでスーパーボールがバッタリとダウン

一般社団法人シュートボクシング協会
『SHOOT BOXING 2023 シリーズ Final -Start towards 40th anniversary-』
2023年11月14日(火)東京・後楽園ホール

▼セミファイナル(第7試合)64.0kg契約 オープンフィンガーグローブマッチ エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
〇笠原弘希(シーザージム/SB日本ライト級王者)
KO 1R ※パンチ連打
●スーパーボール・ティーデ99(タイ/元プロムエタイ協会スーパーバンタム級王者)

キックを放つ笠原

 笠原は昨年のRISEでチャド・コリンズに惜敗したものの、それ以降は今年2月にムエタイ超強豪のラムナムムーンレック・ティーデットを撃破。今年4月には、SBで初導入されたオープンフィンガーグローブ(以下、OFG)マッチに挑戦し、元ラジャダムナンスタジアム認定ウェルター級王者ランボー・モー・ラッタナバンディットに快勝。前戦となる9月のネイサン・ドライデン戦ではフロントチョークでKO勝利を飾っている。

【連続写真】スーパーボール、ゆっくり倒れてバッタリとダウン!

 対するスーパーボールは、これまでにプロムエタイ協会スーパーバンタム級のタイトルを獲得し、主戦場にしていたラジャダムナンスタジアムではトップ戦線で活躍してきた一流ファイター。戦いの場をONEに移すと、元々アグレッシブなファイトスタイルだけにONEムエタイ特有のOFG着用では凶暴さに拍車がかかり、現在3連勝を誇る。前戦となった2月のONEではコンクライ・エニームエタイと超激闘を繰り広げ、350万バーツ(約136万円)のボーナスを獲得した。

笠原がTKO勝利

 1R、スーパーボールがサウスポーで左ローを放つ。笠原は右ハイを蹴り返す。左フックから右ローを放つスーパーボールに対して、笠原はカーフキックを蹴り込む。スーパーボールの蹴りを受けると、笑みを浮かべて圧をかける笠原。

 すると、笠原が左ボディを強打。距離を一気に詰めて、左ボディ、ガードの隙間から顔面へ左フック。ゆっくりと倒れていくスーパーボールに対して、笠原のダメ押しのフックが入り、壮絶ダウン。倒れたスーパーボールはそのまま動くことは出来ず。笠原が何と強豪を初回KO勝ちで撃破、自身の実力をアピールした。

勝利した笠原

 笠原は「スーパーボール選手、強い選手でONEの選手ですが、映像でも強いと思っていて、気合が入った練習をしていました。シュートボクシングで戦ってくれたことに感謝しています。Twitter(X)で“大きすぎる壁”と言われていましたが、やってやりました。立ち技で最強トーナメント、OFGでもグローブでも来年やりましょう。僕が一番輝くので、応援よろしくお願いします」とアピールした。

▶︎次ページは【連続写真】スーパーボール、ゆっくり倒れてバッタリとダウン!

※全試合結果はこちら

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・『SHOOT BOXING』11.14 全試合 結果 速報(海人vsマサロ・グランダー、笠原弘希・友希ほか)=シュートボクシング 結果

・【SB】海人が強靭ボディで計量パス!強敵グランダーに「レベルの差を見せて倒す」=11.14

・【シュートボクシング】“ツヨカワ女王”MISAKIとK-1チャン・リーが計量パス、美女ファイターが互いに譲らぬ割れた腹筋

・【シュートボクシング】グラビアでも話題の“K-1美女”チャン・リー、MISAKI戦へ“見る人の心に響く試合を”

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る
こんな記事も読まれています

TOP > 試合結果個別