TOP > 新着情報 > 試合結果個別

【修斗】新井丈、史上初の同時2階級制覇を達成!山内渉をKO撃破

フォロー 友だち追加
2023/11/19(日)UP

史上初の同時2階級制覇を達成した新井

株式会社サステイン
『プロフェッショナル修斗公式戦  PROFESSIONAL SHOOTO 2023 Vol.7』
20231119日(日)東京・後楽園ホール
▼メインイベント(第10試合)世界フライ級チャンピオン決定戦 5分5R
●山内 渉(FIGHT FARM/同級世界1位)
KO 3R2分55秒
〇新井 丈(和術慧舟會HEARTS/世界ストロー級王者)

 山内は21年7月のデビューから6戦6勝無敗。ここ2勝は初回KOと勢いづいており、無敗での戴冠を目指す。

 対して新井は9連敗の後から9連勝と登り詰めて修斗世界ストロー級王者となり、今回フライ級との2階級制覇を狙う。

 1R、山内は前蹴り、ミドルと飛ばし先制。さらにジャブ、左フックと新井を襲う。押される新井だが、山内の打ち終わりに左フックを返してヒット。新井はカーフキック、ジャブと徐々にヒットを上げる。

 山内は左ミドルを効かせ、新井を下がらせる。しかし新井は右クロスを当て、左フックをフォローしダウンを奪う。パウンドで追撃する新井を山内は抱え込む。距離を取った新井に対し山内は立つ。

 立ち上がる山内だが効いている。山内は2度のタックルも切られスタンドへ。ジャブとハイキックで新井をけん制する。

 2R、前に来る山内に新井はカーフキック。頭を振って山内のパンチをかわしながら新井は右クロス。さらに左右フックで山内に迫る。これに対し山内は左ジャブ、左ミドル。これで新井に対し距離を保ち、自ら間合いを詰めると右ストレート、左フックと当てていく。

 さらに山内は左右ストレート、左右ミドルと攻め、新井は手が出なくなる。前蹴りで削っていく山内。そこからタックルも新井は受け止める。そしてカーフキックと左フックで山内に反撃する。山内が右クロス、右ボディフック。新井はフルスイングで右フックを返すも、山内は当てさせない。

 3R、山内は左ミドル、左ハイ。そこからタックルに入るが、新井は受け止め決めさせない。リーチで劣る新井だが、ジャブと左フック、右フックとヒットを狙う。

 山内はジャブ、左ミドルと放ってそこからボディフック、前蹴り。近距離では新井が右フック、右ストレートを当て返す。山内の前蹴りに新井は右ストレートをカウンター。これで山内を打ち倒し、さらにグラウンドの山内に右フックをフォローし、ここでレフェリーが試合を止めた。

 2本のベルトを手にした新井は「ネバーギブアップ、この気持ちを胸に刻んで格闘技人生スタートしました。この気持ちは一切ブレてないです。これで修斗の歴史に名を刻めました。歴代初のチャンプ・チャンプです。ありがとうございます!」と感謝。

 続けて「2階級同時は認定されてなかったんですけど、自分が掲げた目標を応援してくれた身内たち、応援団のみんな、ありがとうございます。掲げた時に無理だよ、認められませんとか否定してくれたアンチのみなさん、ありがとうございます。自分はどんな言葉もプラスに変えられるので、物事をネガティブな面から見るんじゃなくて、自分の未来をポジティブに想像して生きていったら何事もうまくいくんじゃないかと思います。ネバーギブアップ!」とメッセージを送った。

▶︎次ページは【フォト】新井、衝撃のKOフィニッシュ!

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・【修斗】11.19 全試合 結果 速報

・【テレビ・配信】11.19『修斗』山内渉vs新井丈、オーディンvs宇野薫、藤野恵実vs杉本恵ほか生中継・放送・配信情報

・【修斗】ストロー級世界王者・新井丈、圧巻KOで10連勝&初V成功!2階級制覇宣言

・【修斗】“レジェンド”宇野薫が約2年振りの復帰戦!相手は自ら指名した世界3位オーディン=11.19

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る
こんな記事も読まれています

TOP > 新着情報 > 試合結果個別