TOP > 試合結果個別

【修斗】石井逸人が失神一本勝ち!内藤頌貴を三角で絞め落とす

フォロー
2023/12/02(土)UP

石井逸人が三角絞めで一本勝ち

株式会社サステイン
『FIGHT&MOSH』
2023年12月2日(土)東京・豊洲PIT
▼フライ級5分3R
●内藤頌貴(パラエストラ松戸/同級世界6位)
一本 2R3分15秒 ※三角絞め
〇石井逸人(TRIBE TOKYO MMA/前環太平洋バンタム級王者)

【フォト】石井が三角絞めで失神一本勝ちする瞬間!

前蹴りを放つ石井

 内藤は元ONE王者・内藤のび太の実弟で駆け引き無しの真っ向勝負で会場を熱くするストライカー。今年7月に関口祐冬に判定で敗れて以来の試合。

 対する石井は昨年ベストバウト賞も獲得する激闘ファイター。現在2連敗中。バンタム級から一つ階級を落とし、5年ぶりとなるフライ級で連敗脱出を狙う。

 1R、インロー、そして強い左ミドルを蹴る内藤。石井はワンツーを飛ばしつつ、内藤の入り際に左フックを合わせる。タックルから尻餅を着かせた石井、立つ内藤のバックへ回り、グラウンドへ引き込む。石井は4の字クラッチを組んでパウンドを飛ばしつつチョークを狙う。

内藤のバックハンドブロー

 2R、内藤の飛びヒザに合わせて石井がテイクダウン。逃げる動きに合わせ、またもバックを取るが、内藤は立つと前へ落としす。すると石井は上を取られながらも腕十字。内藤が腕を抜くと今度は三角絞めへ変化する。しっかりと足でクラッチを組んで絞め続けると内藤が失神しレフリーがストップ。

 内藤がフライ級復帰戦で見事な一本勝利を収めた。試合後マイクを持った石井は、「俺がフライ級に落としたらこんなもんすわ。一人戦い奴がいて。フライ級、ストロー級ダブルチャンピオン、新井丈。ネバーギブアップネバーギブアップうるせえから、俺がギブアップさせてやります」と二階級王者・新井へ宣戦布告した。

▶️次ページは【フォト】石井が三角絞めで失神一本勝ちする瞬間!

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・【修斗】12.2 全試合 結果 速報(SASUKEvs田中半蔵、岡見勇信ほか)

・【テレビ・配信】12.2『修斗』生中継・放送・配信情報

・【修斗】12.2『COLORS』全試合 結果 速報(澤田千優vs中村未来ほか)

・【修斗】澤田千優、貫禄の一本勝ちで初V成功!中村未来をアームバー葬

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る
こんな記事も読まれています

TOP > 試合結果個別