TOP > 試合結果個別

【K-1】鈴木勇人、NARIAGARI戦士・豊樹の腕を破壊しKO勝利!怒涛の左ミドル連打とまらず

フォロー 友だち追加
2023/12/09(土)UP

鈴木の強烈な左ミドルがヒット

K-1実行委員会『K-1 ReBIRTH2』
2023年12月9日(土)エディオンアリーナ大阪
▼第11試合 -66kg契約/3分3R・延長1R
〇鈴木勇人(日本/K-1ジム五反田チームキングス)
KO 3R45秒 ※左ミドル
●豊樹(日本/NARIAGARI)

パンチを繰り出す鈴木

 鈴木は強烈な左ミドルを武器とする、第7Krushスーパー・ライト級王者。
 K-1にも17年から継続参戦し、不可思、林健太、ヴィトー・トファネリ、近藤魁成ら強豪勢と激闘を繰り広げ、今年7月にはムエタイ強豪デンサヤーム・ウィラサクレックをKO撃破。ここ最近は2連勝だ。

【フォト&動画】鈴木、怒涛の左ミドルでKOする瞬間

キックを蹴り合う両者

 対する豊樹は”NARIAGARIからの刺客”。前戦となる9月の『NARIAGARI vol.2』では、RIZIN参戦経験を持つ元NKBウェルター級王者の蛇⻤将矢に勝利した。

 1R、サウスポーの鈴木はプレッシャーをかけ、いきなり得意の左ミドルを出し続ける。豊樹は右手に左ミドルを受けつつ、様子見気味で右インロー。3分間、鈴木の左ミドルは止まらない。

 2R、鈴木の左ミドルのペースが上がる。豊樹はまるで入れず、前蹴りを返す。豊樹の右の上腕部は赤く腫れあがっている。

パンチを当てる鈴木

 3R、鈴木は左ミドル一辺倒。ついに効いたのか、豊樹の左腕がだらりと下がってしまう。その機を逃さず、鈴木はさらに左ミドルを連打すると、豊樹は防戦一方でまともに立てない。レフリーがスタンディングダウンを宣告する。

 豊樹は座り込み、右腕が上がらない様子。ファイティングポーズが取れない。レフリーが試合を止め、鈴木が怒涛の左ミドルでKO勝利した。

鈴木がKO勝利

 鈴木はマイクで「こういうことです。このリングは甘くないんで。もちろん豊樹選手も真剣に来てると思うんですけど、真剣のレベルが違うんで、K-1ファイターたちは最強目指してるんで。この結果は当たり前かな。豊樹選手も必死こいて努力してもらって、このリングにまた上がってほしい」とコメントした。

▶次ページは【フォト&動画】鈴木、怒涛の左ミドルでKOする瞬間

※全試合結果はこちら

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・『K-1』12.9 全試合 結果 速報(4大タイトルマッチほか)=K1 試合結果

・【テレビ・配信】12.9『K-1』生中継、放送、配信情報

・[本日の試合]”フルコン空手対決”は山口翔大が逆転KO勝利!星龍之介との大激闘を制す

・【K-1】菅原美優、ビキニで”割れた腹筋”計量パスは追い込んだ結果、1日3部練も

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る
こんな記事も読まれています

TOP > 試合結果個別