TOP > 試合結果個別

【K-1】王者レオナ・ペタスまさかの敗戦!伏兵レミー・パラが接近戦で競り勝つ

フォロー
2023/12/09(土)UP

パラ(右)がレオナに勝利、飛び上がって喜ぶ

K-1実行委員会『K-1 ReBIRTH2』
2023年12月9日(土)エディオンアリーナ大阪
▼第16試合 スーパーファイト/K-1スーパー・フェザー級/3分3R・延長1R
●レオナ・ペタス(日本/THE SPIRIT GYM TEAM TOP ZEROS/LARA TOKYO)
判定0-2
〇レミー・パラ(フランス/CARCHARIAS)

【フォト】レオナがまさかの敗北!コーナーに詰められる場面も

 レオナは“石の拳”の異名を持つK-1屈指のハードパンチャー。21年3月に武尊のベルトに挑戦しKO負けも、激闘で大いに会場を沸かせた。昨年9月のスーパー・フェザー級王座決定トーナメントを制し新王者に輝いた。

 対戦相手のパラはフランスから参戦する22歳で、WAKO世界-62kg級とIKBO世界-60kg級の二冠王。12勝のうち9KOと高いKO率を誇り、ディフェンス能力もある難攻不落の選手だ。

 1R、レミーはサウスポーでガードを上げて開始から前進。左ミドル、右フック、左ストレートと変則的なリズムで攻めるが、レオナは右ストレートをヒット。レミーは警戒しながらレオナをコーナーに追い詰める。レオナはしかしヒザとストレートで反撃する。

 2Rもレミーは間合いを詰めて接近戦を展開。レオナのパンチはグローブを上げて弾く。体圧を発しレオナをコーナーに詰めるレミーは左ストレート、左右ローと攻勢。レオナもしかし右ストレートを狙う。レミーは前進ベースの戦いを変えず、左ストレート、左ローとレオナを攻める。

 3R、レミーはやはり戦いを変えず、ガードを上げて前に出てストレート、顔面ヒザとレオナを攻める。レオナもストレートを上下に打ち分け前に出るが、レミーは再び前進しドロドロとした戦いに戻す。

 判定は29-29、30-29、30-29の2-0でレミー。王者レオナを降す番狂わせを起こした。

※全試合結果はこちら

【フォト】レオナがまさかの敗北!コーナーに詰められる場面も

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・『K-1』12.9 全試合 結果 速報(4大タイトルマッチほか)=K1 試合結果

・【テレビ・配信】12.9『K-1』生中継、放送、配信情報

・[本日の試合]宇佐美秀メイソン、デビュー戦で華々しいKO勝利!海斗を豪打で撃破

・皇治、なんとK-1でMMAマッチを希望!相手はレオナ・ぺタスか

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る
こんな記事も読まれています

TOP > 試合結果個別