TOP > 試合結果個別

【K-1】宇佐美秀メイソン、デビュー戦で華々しいKO勝利!海斗を豪打で撃破

フォロー
2023/12/09(土)UP

宇佐美がKO勝利を飾った

K-1実行委員会
『K-1 ReBIRTH2』

2023年12月9日(土)エディオンアリーナ大阪
▼第12試合 スーパーファイト/ウェルター級/3分3R・延長1R
●海斗(日本/LEGEND)
KO 2R1分5秒
〇宇佐美秀メイソン(カナダ/Battle Box)

【動画】宇佐美が強烈な連打でダウンを奪う瞬間!

海斗(左)がパンチを放つ

 宇佐美は、RIZINにも参戦する宇佐美正パトリックの実弟でキックは3戦3勝。9月にはKO勝利で、ISKAインターコンチネンタル暫定王座を獲得した。

 対する海斗は『THE OUTSIDER』への出場を経て、17年からK-1グループに参戦。戦績は10勝(8KO)7敗と高いKO率を誇る。前戦の9月にも1R KO勝利を上げている。

 1R、ともにサウスポーで、まずカーフを当て合う。宇佐美がボディストレートを入れれば海斗がストレートを返す。宇佐美は右フックから左ストレートとスピードあるパンチを飛ばし、カーフキックを効かせる。海斗のパンチをブロックし、宇佐美はワンツーでの左ストレートを突き刺しダウンを奪う。

宇佐美(左)がロープ際に追い詰める

 立ち上がった海斗に宇佐美はカーフを効かせ、右ボディフック。海斗がフックを当て返すが、宇佐美は左右フックでダウンを追加する。

 2R、宇佐美は試合を決めんと前に出るが、海斗はカウンターの左フックを決めダウンを奪い返す。

 立ち上がった宇佐美はカーフキックを決めるが、海斗が左右ストレートをさらに当てる。宇佐美はしかし右ボディフックを効かせ、そこから連打に入り、最後も3連打でこの試合3度目のダウンを与え海斗を沈めた。

 勝利した宇佐美は「練習していることの20%も出せてない」と語り、「ウェルター級のKrushのタイトルマッチやらせてもらえるならやりたいです」とリクエストした。

▶︎次ページは【動画】宇佐美が強烈な連打でダウンを奪う瞬間!

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・『K-1』12.9 全試合 結果 速報(4大タイトルマッチほか)=K1 試合結果

・【テレビ・配信】12.9『K-1』生中継、放送、配信情報

・皇治、なんとK-1でMMAマッチを希望!相手はレオナ・ぺタスか

・【K-1】黒田斗真、石井一成を返り討ちにしバンタム級王座防衛

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る
こんな記事も読まれています

TOP > 試合結果個別