TOP > 試合結果個別

【RWS】永澤サムエル聖光、強豪イサンヌアにフルマークの完封負け

フォロー 友だち追加
2024/02/12(月)UP

永澤サムエル聖光(左)が判定負けを喫した

BOMプロモーション
『RWS JAPAN(ラジャダムナンワールドシリーズジャパン)』
2024年2月12日(月・祝)東京・後楽園ホール
▼63kg契約 3分3R
〇イサンヌア・チョーパンセン(タイ)
判定3-0 ※三者とも30-27
●永澤サムエル聖光(ビクトリージム)

至近距離で攻撃を出し合う両者

 永澤は新日本キックトップランカーとして活躍後、ジャパンキックに参戦し、ジャパンキックライト級王座を戴冠。WBCムエタイ日本統一バンタム級王座、WMOインターナショナル王座も獲得して、3冠王となった。
 対するイサンヌアはtrue4u(TVマッチ)のメインイベントも務める強豪選手だ。

 1R、イサンヌアは左フックで前に出て、前蹴りやミドルでガンガン前に出る。永澤は下がってしまうが、左ローキックや左ボディを返す。イサンヌアは右ストレート、左前蹴り、右縦ヒジ。永澤は左ボディフック、左の奥足へのローをヒットさせる。このラウンドは3者ともイサンヌアを支持する。

 2R、イサンヌアが左右のヒジ打ちで前に出て、右フック、そして左ミドルと攻撃を集める。永澤は耐えて左ローを放つが、圧力負けする展開が続く。イサンヌアは丁寧に左前蹴りを蹴っていく。残り1分、永澤は左ボディフックを打ち返すが、イサンヌアはヒジ打ち、ミドルキックなどの手数で上回る。このラウンドもイサンヌアを3者とも支持する。

イサンヌアが判定勝利した

 3R、イサンヌアは左右の前蹴り、近距離でのヒザ蹴り、左ミドルと止まらない。永澤はパンチで詰めたいが、イサンヌアは左ミドル、前蹴りでいなす。永澤は渾身の左ボディ、左三日月蹴りとボディを攻めるが、イサンヌアも前蹴りで譲らす。

 永澤は序盤から巧みな攻撃を見せたイサンヌアに完封負けを喫した。

全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・【テレビ・配信】2.12『RWS JAPAN』ラジャダムナン・ワールド・シリーズ・ジャパン生中継、放送、配信情報

・【結果 速報】2.12 吉成名高の王座統一戦ほか『ラジャダムナンワールドシリーズ』全試合 結果 速報=RWS JAPAN

・【RWS】初の日本大会に華を添える5人の美女ラウンドガールが決定!=2.12

・【RWS】元REBELS王者・老沼隆斗、怒涛ローキックで15歳タイ人をKO撃破!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」、「」をもっと見る
こんな記事も読まれています

TOP > 試合結果個別