TOP > 試合結果個別

【RWS】MIKE JOEが悔しい完敗、“ラジャ1位”ペッチマイのヒジ攻撃に翻弄

フォロー 友だち追加
2024/02/12(月)UP

MIKE JOE(右)が判定負け

BOMプロモーション
『RWS JAPAN(ラジャダムナンワールドシリーズジャパン)』
2024年2月12日(月・祝)東京・後楽園ホール
▼ミドル級 3分3R
〇ペッチマイ・シアダムムーパラーラジャムダン(タイ)
判定3-0 ※三者とも30-27
●MIKE JOE(フィリピン)

 JOEはビッグバン、K-1グループやBOMなど数々のリングで戦い昨年6月には「K-1 WORLD GP初代ミドル級王座決定トーナメント」に参戦も、ムスタファ・ハイダに判定負けした。

 対するペッチマイはミドル級ムエタイ、ラジャダムナンのトップ戦士。現在ラジャダムナンスタジアム・ミドル級の1位に君臨する。

ペッチマイがヒジを入れる!

 1R、JOEはサウスポーに構えて、変則的なローやミドルを繰り出す。ペッチマイは右ミドルを放つが、レフェリーから’’もっと手数を出せ’’との指示が。ペッチマイは右ミドルを蹴る。ジャッジ3者ともペッチマイを支持する。

 2R、ペッチマイが右フック、右ヒジを打ち込む。JOEはサウスポーから左ストレート。ペッチマイはミドルキックを蹴り、ワンツーや右ヒジ。JOEのボディにペッチマイが左右のヒジ打ちをヒットさせ会場をどよめかせる。勢いに乗るペッチマイは右ミドル、右ヒジ打ちで好印象だ。このラウンドも3者ともペッチマイを支持する。

ペッチマイが判定勝利を収めた

 3R、後がないJOEは攻めたいが、ペッチマイが飛び掛かってのヒジ打ち、ミドルキック、右ヒジを容赦なく浴びせる。JOEは気合いでペッチマイを睨みつけるが、パンチの打ち終わりにヒジ打ちを貰ってしまう。前に出るJOEだが、手数を出せずにそのまま終了のゴングを迎えた。

 ジャッジは3者ともペッチマイを支持。ヒジ打ちやミドルキックで序盤からペースを掴んだペッチマイが完封勝利した。

全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・【テレビ・配信】2.12『RWS JAPAN』ラジャダムナン・ワールド・シリーズ・ジャパン生中継、放送、配信情報

・【結果 速報】2.12 吉成名高の王座統一戦ほか『ラジャダムナンワールドシリーズ』全試合 結果 速報=RWS JAPAN

・【RWS】初の日本大会に華を添える5人の美女ラウンドガールが決定!=2.12

・【RWS】元REBELS王者・老沼隆斗、怒涛ローキックで15歳タイ人をKO撃破!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」、「」をもっと見る
こんな記事も読まれています

TOP > 試合結果個別