TOP > 新着情報 > 試合結果個別

井上拓真、ボディで悶絶させKO初防衛!最強挑戦者アンカハスを撃沈=試合結果

フォロー 友だち追加
2024/02/24(土)UP

井上拓真、会心のKOの瞬間!

 2月24日(土)東京・両国国技館にて行われた[WBA世界バンタム級(53.52kg)タイトルマッチ]では王者・井上拓真(大橋)が、元IBF世界スーパーフライ級王者ジェルウィン・アンカハス(フィリピン)に9回44秒TKO勝利、初防衛戦に成功した。

【フォト】KOの瞬間!勝利し井上尚弥と抱き合うシーンも

拓真がボディからフックへつなげヒットさせる

 井上尚弥の実弟・拓真は、昨年4月に兄が返上したWBA世界バンタム級正規王座を判定勝利で獲得。アンカハスとの初防衛戦は昨年11月に予定されていたが、拓真の肋骨骨折で延期になっていた。

 対するアンカハスは16年から9度の防衛に成功した元IBFスーパーフライ級王者。22年にフェルナンド・マルチネスに判定負けし陥落したが、昨年6月にはTKO勝利で再起を果たした。

 サウスポーのアンカハスは素早く飛び込んでワンツー。拓真は圧力をかけながら左フック、右を合わせようと狙う。

 2R、3Rと拓真の右カウンターがたびたび入る。4R、アンカハスが詰め、接近戦になると拓真はボディ、アンカハスの右もヒットする。

KOの瞬間、雄たけびを上げる拓真

 5Rになると、拓真が足を使って内、外から右を狙う。アンカハスは飛び込んでボディも、拓真のペースが続く。 
 7Rにはアンカハスがまたも接近戦を挑むも、拓真の細かい左右が上下に当たる。アンカハスはボディ。

 そして9R,接近戦で拓真がボディを入れまくる。アンカハスも応じるも、拓真の右ボディカウンター!
 ワンテンポ遅れアンカハスが崩れ落ちる。そのまま立ち上がれず、拓真が会心のKO勝利で防衛達成した。

 拓真はマイクで「過去イチの強敵だと思っていた」と不安だったと吐露。さらに「判定続きでいい見せ場見せられなかったし、自分も変わった所見せたいと思った」とKO勝利を喜ぶ。

尚弥(左)、父・真吾氏(右)と喜ぶ

 続けて「これだけの強豪相手に接近戦で打ち勝てたのは自信になった これからは変わった井上拓真を見せていきたい」とコメント。
  セコンドの父・真吾氏や尚弥には「本当にありがとうと言いたい」と感謝する。

 最後に「日本でバンタム級盛り上がってるけど、そこの頂点は井上拓真だってことを見せたい」と、群雄割拠のバンタム級でトップを獲ると意気込んだ。

▶次のページ:【フォト】KOの瞬間!勝利し井上尚弥と抱き合うシーンも

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・【試合結果】2.24 井上拓真、中谷潤人、田中恒成ほか 全試合速報中=ボクシング

・田中恒成、”世界最速”の4階級制覇を達成!「井岡選手へのリベンジ頭にある」4団体制覇を宣言=結果・速報

・ラウンドガール”褐色のグラマラス”りさぶー、限界露出に挑んだ写真集がデジタル化「見て欲しい」

・初のボクシング”ラウンドガール”に「緊張で足震えた」レースクイーン、コスプレイヤーとしても活躍

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る
こんな記事も読まれています

TOP > 新着情報 > 試合結果個別