TOP > 新着情報 > 試合結果個別

亀田和毅、流血呼ぶ圧倒でTKO勝利!相手は棄権「親父とのトレーニング成果出た」=試合結果

フォロー 友だち追加
2024/03/31(日)UP

亀田和毅(右)が圧倒しTKO勝利Ⓒ亀田プロモーション

 3月31日(日)愛知・名古屋国際会議場で開催されたボクシングイベント『3150FIGHT vol.8』の[フェザー級10回戦]では、2階級制覇王者でIBF世界フェザー級5位の亀田和毅(32=TMK)が圧巻のボディ攻めで、5回終了時点でTKO勝利。ケビン・ビジャヌエバ(23=メキシコ)陣営は6回終了前に棄権を申し出た。

【動画】亀田が流血を呼ぶ圧倒、TKO勝利!

亀田の父・史郎トレーナー(右)がセコンドについたⒸ亀田プロモーション

 亀田は当初、前戦で敗れた同級2位のレラト・ドラミニ(30=南アフリカ)との再戦が予定されていたが、ドラミニがIBF同級挑戦者決定戦に出場するため欠場。
 15日に急遽、WBCユースシルバーSバンタム級王者のビジャヌエバに変更となった。

 亀田は前日計量後の会見で「明日は親父(史郎トレーナー)のスタイルで勝つ」とニュースタイル宣言していた。

 試合は1Rから亀田が圧力をかけ、鋭いジャブから強烈なボディを入れる。ビジャヌエバも下がっては鋭い左をカウンター!すると、亀田の動きが一瞬が止まる。

 しかし2Rには亀田が左の上下をヒットさせ、ビジャヌエバがボディでくの字になる場面も。
 その後も亀田のジャブ、ボディがよく入り一方的な展開に。4R後半には亀田の連打でビジャヌエバは鼻血を出す。

ビジャヌエバ(下)は明らかに効いている様子Ⓒ亀田プロモーション

 5Rには亀田の左ボディが連続で入り、ビジャヌエバは背を丸める。ビジャヌエバのパンチに力がなくなり、明らかに効いている様子だ。ゴングが鳴ると亀田は威嚇するような動き。

 そして6R開始前、ビジャヌエバ陣営が試合を棄権、亀田が5R終了時点でTKO勝利した。

 亀田はマイクで「前回負けて、親父とトレーニングを開始したのが11月。まだ完成してないが、今回のテーマは気持ちでいく、それがちょっとは出たかな」と満足気だ。
 今後について「次は世界、それしか見てないんで。ドラミニ倒して世界に行きたかったが、今年中には世界に挑戦したい」と意気込んだ。

 また「奥さん、あさって子ども生まれるんで。明日飛行機でメキシコに行くんで。2人目」と笑顔で報告した。

亀田がTKO勝利Ⓒ亀田プロモーション

 試合後のインタビューでは、アウトボクシングからプレッシャーをかけるスタイルに変えたことについて「4ヶ月ちょっとで一気に変えた。シンプルに、前に行って殴る、打たれたら殴る、そこを意識してやってきた。まだまだだけど、このスタイルが完成していけば(プレッシャーを)かけやすくなる。12R相手にプレッシャーをかけられれば、相手が疲れて戦いやすくなる」と世界戦に向け、ニュースタイルを完成させると明かした。

▶︎次のページは【動画】亀田が流血を呼ぶ圧倒、TKO勝利!

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・【動画】亀田が流血を呼ぶ圧倒、TKO勝利!

・【結果 速報】3.31『3150FIGHT』全試合 結果

・[本日の試合]但馬ミツロ、ダウン奪われまさかの完敗、“新階級”ブリッジャー級転向も悔しい初黒星

・[本日の試合]重岡銀次朗が一撃KOでV2!“電光石火”のボディにIBF6位・アンパロは立てず

・【BD】ボクシング元世界王者ランダエタ、11R死闘の末にKO勝利!虎之介は大の字ダウン

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」、「」をもっと見る
こんな記事も読まれています

TOP > 新着情報 > 試合結果個別