TOP > 新着情報 > 試合結果個別

【UFC】マカチェフが“チョーク”一本勝ちでV3達成!敗者のポイエーは引退の可能性を示唆

フォロー 友だち追加
2024/06/02(日)UP

マカチェフが“チョーク”一本勝ちでV3達成!©️UFC

WME-IMG
『UFC 302』
202462日(日本時間)米ニュージャージー州ニューアーク
▼UFC ライト級タイトルマッチ
○イスラム・マカチェフ(ロシア/王者)
一本 5R2分42秒 ※ダースチョーク
●ダスティン・ポイエー(米国/挑戦者)
※マカチェフが3度目の防衛に成功

 マカチェフは元UFCライト級世界王者ハビブ・ヌルマゴメドフの親友。高いテイクダウン能力とグラウンドワークで、25勝のうち16フィニッシュ(5KO・11一本)を誇る。22年10月の王座決定戦でチャールズ・オリベイラに一本勝ちし新王者に輝くと、アレクサンダー・ヴォルカノフスキーに2連勝し2度の防衛に成功した。

 対するポイエーは元同級暫定王者。21年にコナー・マクレガーに2勝しその勢いで王座獲得に挑戦するも、当時の王者チャールズ・オリベイラに一本負けで失敗。過去3試合はジャスティン・ゲイジーにKO負けも、マイケル・チャンドラー、ブノワ・サン=デニにフィニッシュ勝利し勢いに乗っている。

 1R開始すぐ、マカチェフが左右のパンチ連打からすかさずタックルし、ケージ際でテイクダウン成功。ハーフの位置からパウンドを連打すると、一気にアームロック!ポイエーは辛うじてディフェンスするが、マカチェフは流れる様に体勢を変えバックテイク。4の字ロックの状態でパウンドを当てる。ポイエーは殴られても、首を取られないように必死のディフェンス。

 2R、ポイエーのカーフキックをキャッチし、マカチェフがタックル、テイクダウンを狙うも、ポイエーは立ち上がり、ピンチを回避。スタンドの攻防、ポイエーのジャブ、ワンツーでマカチェフが下がる場面も。終盤、マカチェフがテイクダウンを奪い印象を残す。

 3R開始すぐ、マカチェフが首相撲から顔面ヒザ蹴りをヒット。さらに組みつきポイエーをケージに押し込むと素早くバックテイク。体勢を変えマウントを奪取すると、一気にアームバー!しかしこれはポイエーが腕を抜き対処。マカチェフのジャブでポイエーの鼻から出血が。ポイエーが左目を触りながら気にする場面も。

 4Rは一進一退のスタンドの攻防から、再びマカチェフが背後を取るが、ポイエーがスイッチしピンチを脱出。ポイエーのヒジがヒットし、マカチェフの額が割れ流血。

 最終5R、スタンドの攻防から、マカチェフがシングルレッグ、ポイエーを倒すと、ギロチンチョークからダースチョーク! これがガッチリと極まり、ポイエーがタップ。

 マカチェフが一本勝ちで3度目の防衛に成功。連勝記録を14に伸ばした。

 マカチェフは勝利マイクで、上の階級のウェルター級を目指し2階級制覇挑戦をアピール。敗者のポイエーはこの試合を最後にする可能性があると、引退を示唆した。

 

▶︎次ページは【動画】マカチェフがダースチョーク一本勝ちの瞬間!

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・【結果 速報】6.2『UFC 302』全試合 結果 速報(マカチェフvsポイエーほか)

・【テレビ・配信】6.2『UFC302』マカチェフvsポイエーなど生中継、放送、配信情報

・【UFC】タイトルマッチ激突のマカチェフとポイエー、バチバチの睨み合い!「世界最強を証明する」(マカチェフ)=前日計量

・ヘビー級巨漢男、なんと美女2人の顔面を殴打!“不謹慎すぎる”MMAマッチが「フェアではない」と炎上

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る
●新着情報

TOP > 新着情報 > 試合結果個別