TOP > 試合結果個別

【KNOCK OUT】五味隆典、鈴木千裕とドロー!「パッキャオはこんなもんじゃないぞ」鈴木は悔しい表情

フォロー 友だち追加
2024/06/23(日)UP

五味(右)と鈴木(左)はドローに

『KNOCK OUT CARNIVAL 2024 SUPER BOUT“BLAZE”』
2024年6月23日(日)東京・国立代々木競技場第二体育館
▼メインイベント(第15試合) KNOCK OUT特別ルール (※パンチのみ)-73.0kg契約 /3分3R
△鈴木千裕(クロスポイント吉祥寺)
ドロー判定0-0 ※三者ともに29-29)
△五味隆典(東林間ラスカルジム)

【フォト】五味と鈴木がパンチのみルールで殴り合い!

 鈴木は4月、RIZINフェザー級王者として、金原正徳をパウンド攻撃でTKOに下して初V。現KNOCK OUT-BLACKスーパーライト級王者でもあり、今回は約1年3カ月ぶりのKNOCK OUTだが、パンチのみルールとなった。7月の『超RIZIN.3』ではマニー・パッキャオと、こちらもパンチのみルールでの対戦を控えている。

 対する五味は初代PRIDEライト級王者で、鈴木のMMA師匠でもある。鈴木は「KOで五味さんを超えたいと思います」とKOでの師匠超えを宣言している。

鈴木と五味のパンチが交差する

 試合は1R、サウスポー、オーソドックスと構えをスイッチする五味が鈴木の周囲を回る。鈴木の大きく踏み込んだ右が五味にヒット!鈴木は振りまくり、五味はタックルを繰り出すように崩れるがノーダウン。五味はジャブで時折前に出て、鈴木はボディ狙い。

 2R序盤、五味の大振り左フックに合わせ、鈴木の右がヒット。その後は互いにジャブからの打ち下ろしも、クリーンヒットは無い。

五味がダッキングしながら左フックを見せる

 最終3R、五味が強引にワンツーで前に出る。しかし鈴木の右カウンターが入り、五味がグラつきクリンチする。ラスト30秒は五味の左も当たる。最後は五味が打ってこいと言うように鈴木に打たせた。会場は大盛り上がりだ。

 判定は3者ともに29-29とドロー。五味は歓声を上げるも、鈴木は悔し気な表情だ。

 鈴木はマイクで五味に感謝を述べ言葉少ない。

激闘の結果はドロー

 一方の五味はマイクで鈴木に「判定ダメだよ、KOじゃなきゃ!ボクシングだったら負けないかな、楽だったかな」と笑顔。さらに「千裕、頑張れよ、パッキャオはこんなもんじゃないからな。怪我だけはするな、危なかったらタックルは入れ」と呼びかける。また「お金になる話があったら言ってください、なんでもやります」とまだ完全引退は無いようだ。

▶️次ページは【フォト】五味と鈴木がパンチのみルールで殴り合い!

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・【フォト】五味と鈴木がパンチのみルールで殴り合い!

・【結果 速報】6.23『KNOCK OUT』鈴木千裕vs五味隆典、ぱんちゃん璃奈ほか 全試合

・【テレビ・配信】6.23『KNOCK OUT』見逃し放送・配信情報

・壱・センチャイジム、“激闘王”チョークディーをヒジで切り裂き完勝!

・こんなのOK!?ぱんちゃん璃奈が都知事選ポスター掲示場をジャック!その理由とは

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る
●新着情報

TOP > 試合結果個別